黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 革命は静かにやって来ます

<<   作成日時 : 2009/11/30 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


土屋たかゆき 民主党 東京都議会議員のHPがあります。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/

下の右端のバナーに
「革命は静かにやってくる
−過激性教育・ジェンダーフリー−」
と言うのがあります。

クリックすると、下のアドレスのページが開きます。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/gender/gender.html

以下、抜粋、転載します。


画像


この冊子は、主に学校に配布されていました。
余りにも子供達に不適切な内容と国会で指摘され、回収処分されました。

画像


画像


皆さんは、ラブアンドボディの内容を知って、驚いたと思います。
国会で問題になり、今は全て回収されました。

ところが、東京都でも「女性財団」が、
一部のグループと一緒になって、同じようなものを作っていました。

・女の子と男の子がデート  男の子がおごった・・・×

男子が出すのは常識と思うのですが、
そうして、性による差別をしてはいけないと言うのです。

男女の間まで、行政が介入するのは異常です。

・ご主人が奥さんの誕生日にエプロンをプレゼント・・・×

えっ!と驚かれた方も多いと思います。
理由は、エプロンを送ったことで、労働を押し付けた

・。・「私も母の日にエプロンを贈ったことがありますよ。ダメですか?」

・おじいちゃんが、女の子のお孫さんに赤いランドセルを買った・・・×

これも、えっ!

女の子は赤、男の子は黒と決め付けるのはいけないそうです。

つまり、性による差別は、後天的に押し付けられたものだからと言う理由です。
これって、差別ではなく、区別じゃないですかね。

それに、女の子はお人形遊びを好むし、
赤い系統の色を選ぶ傾向を持っていると言う研究もあります。

これではおじいちゃんがかわいそうです。

・男に勇ましい名前。女の子にはやさしい名前は・・・×

ここまで来ると「とてもついていけない」と思うでしょう。

普通のお父さん、お母さんは子供の将来を願って名前を工夫します。
そのどこがいけないのでしょうか。

・夫婦は別姓であるべきだ・・・○

職場で便宜的に実施しているところがあります。
それで十分ではありませんか。


二人の氏名の内、どちらかを選べるのですから、夢があるじゃないですか。

今、家庭の崩壊が問題になっています。

その時、お父さんは鈴木さん、お母さんは山田さん。
長女が鈴木さんで、次女が山田さんで家族の結束が保てますか


漫画「サザエさん」のようなほのぼのとした家庭は崩壊です。

こうした、ジェンダーチェック表も、
土屋たかゆき都議の質疑で「問題だ」と回収されました。


画像

ジェンダーチェック・ジェンダーマップ

こうした、造語であるジェンダーフリーや夫婦別姓を進めるのは、サヨク政党です

特に「生活者ネット」が熱心です。

「年金心配ですね」と握手する一方、こうしたヨコシマな考えがあることを注意しましょう


[付録]

また、社民党と言う政党があります

この政党は「拉致はなかった」「北朝鮮労働党」とは友党(友達の政党)と言って来たトンデモ政党です

自衛隊も、国旗、国歌ももちろん反対
では、この国。どうして生きて行くのでしょうか。
不思議な政党です。

ジェンダーフリー、過激性教育などは保護者の知らない間に行われます

これは、明らかに教育を破壊する、日本人の品格を破壊するものです

革命は静かにやって来ます!」

「年金大丈夫ですか。心配ですね」の裏に、こうした考えがあることを直視して下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
革命は静かにやって来ます 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる