黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山から衆議院議員としての資格を剥奪せよ

<<   作成日時 : 2009/12/27 15:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


わたなべりやうじらうのメイル・マガジン
「頂門の一針」 1768号 より

私も「そうだよね」と思いますので、

匿名希望さまのご意見をまるまる転載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳩山から衆議院議員としての資格を剥奪せよ

そもそも、政治資金規正法が政治家本人から資金管理団体への寄付に
年間1000万円、個人に150万円の量的制限を設けている
のは、

金持ちが資金力にものを言わせて政治権力を手中におさめることを
予防するため
である。

民主主義を維持するため、貧乏人にも分け隔てなく、
政治参加する機会を担保するための重要な規定
である。

鳩山は2009年の第45回衆議院総選挙において
北海道第9区で当選した
ことになっている。

しかし、政治資金規正法に完全に違反していたことが明らかになったので、
不正を行って当選した議員の処分に関する法的規定に拘わらず、
鳩山の当選は無効と考えるのが筋であろう。

鳩山には総理大臣どころか国会議員としての資格もないことになる。

このまま、鳩山を放置することは
金持ちが資金力にものを言わせて
政治権力を手中にすることを容認すること
につながり、
民主主義の根幹を揺るがすことになりかねない。

外形的な結果としては同じだろうが、鳩山に辞任を求めるのでは、
現在の衆議院議員としての資格の有効性を認めることになってしまう。

政治資金規正法に違反して当選した鳩山の衆議院議員としての資格を取り消し、
無効にする処置こそが日本の民主主義の健全な育成にとって必要である。

ちなみに、北海道第9区での次点落選となったのは川畑悟氏(自民)である。

川畑氏は鳩山が政治資金規正法に違反して、
資金力にものを言わせる不正な選挙をおこなった結果、
当選できたにすぎないと、鳩山を糾弾し、
自身の繰り上げ当選、選挙の無効、
やり直しを主張できる立場にあるのではないだろうか?
(匿名希望)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これにさらに付け加えまして、

政治資金規正法25条で、
代表者が会計責任者の監督などを怠れば罰金と
定められている


第25条
・・・・・・
政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任
及び監督について相当の注意を怠つたときは、
50万円以下の罰金に処する。
http://www.houko.com/00/01/S23/194.HTM#s6

政治資金規正法28条により、
代表者が罰金刑なら被選挙権がなくなる。


第28条
・・・・・
罪を犯し罰金の刑に処せられた者は、・・・・
・・・公職選挙法に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。

被選挙権を失うと、議員辞職しなくてはならないと
国会法109条で定められている


第109条 
各議院の議員が、法律に定めた被選の資格を失つたときは、
退職者となる。
http://www.houko.com/00/01/S22/079.HTM#s13


・・・というわけで、日本が法治国家であるならば、
鳩山さんは辞任しなければならない。



鳩山が総理のままなんて、納得いかない、と思うみなさん、

抗議しましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山から衆議院議員としての資格を剥奪せよ 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる