黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮進駐軍がやってきた

<<   作成日時 : 2010/01/01 19:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

在日のタブー 朝鮮進駐軍についての動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9202102
を書き起こしたかのようなブログを発見いたしました。
             ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/opcti8269/58634212.html
ゆうきさんのブログです。

以下、コピペさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終戦後 「朝鮮進駐軍」武装部隊が首相官邸襲撃
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「朝鮮進駐軍」部隊2000人による「首相官邸襲撃事件」が1946年起きた

約2000人 の在日朝鮮人「朝鮮進駐軍」部隊が完全武装して首相官邸に突入。

日本の警官隊は当時武器の所持は禁じられていいため米軍憲兵隊に応援を頼んだ

そこで米軍憲兵隊と「 朝鮮進駐軍」との間で大銃撃戦闘へと発展した。

戦後の在日朝鮮人は戦勝国民だと「朝鮮進駐軍」と名乗る武装集団が三万人も
全国主要 都市に出現し暴れまくった


彼らは武装解除された日本軍の武器と軍服を着て武装

「 朝鮮進駐軍」と名乗る在日朝鮮人集団は
無差別に多くの日本人市民を殺害した。

GHQの 記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている

戦後の治安が整っていない空白を良いことに、
「朝鮮進駐軍」と名乗った在日は土地の不法略奪、金品略奪、強姦、銀行襲撃、
殺略、警察襲撃など暴れ放題の限りを尽くしていた


「朝鮮進駐軍」は個々に部隊名を名乗り各地で縄張りを作り暴れた。

これら「朝鮮進駐軍」 元締めとして「朝鮮総連」、ヤクザ組織などになっていった

国有地も都心駅前一等地周辺も軒並み不法占拠されそのまま、
パチンコ屋、飲み屋、風俗 等々が出現し、
そのまま彼らの土地として登記され現在に至っている


農家、農協倉庫を襲い、貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、
食料や商品を根こそぎ 奪って行き、それらは全て戦後の闇市で
売りさばき暴利で財を成したのは彼らであった。

通りすがりの市民に言いがかりをつけ集団暴行、無銭飲食などは当たり前、

また白昼に目に付いた婦女子を路上で集団強姦など日常茶飯事に繰り返された。

在日朝鮮人は「朝鮮進駐軍」部隊と名乗り町をのし歩いた。

腰には拳銃をさげ、 鉄パイプの凶器を振り回しては、
手当たり次第に日本人を殺傷、暴行、略奪の 限りを尽くした。

終戦後の警官は一切の銃器の所持が許されず、丸腰警官を殴りド突き回した。

警備用の木刀や飾りのサーベルはヘシ曲げられた。

戦後当時の「朝鮮進駐軍」は今日の朝鮮総連本部である。

彼らは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、
徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街を闊歩していた。

通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で婦女子にいたずらをする。

善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。

こうした不良分子は旧日本軍の陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。

袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、
肩で風を切って街をのし歩いた。

腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器をひっさげた
彼らの略奪、暴行には目にあまるものがあった。

警官が駆けつけても手も足もでない。

「おれたちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人がなにをいうか」。

警官は小突きまわされ、サーベルはへシ曲げられ、
街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。



*朝鮮マーケット 

戦後の混乱に乗じて、駅前の一等地などを三国人が
”不動産の即時取得”で土地を入手してできたもの。
現在でも都内各所に散在する。


昭和26年03月22日衆議院法務委員会

○押谷委員 

お尋ねをいたしますことは、昨朝起りました
朝鮮人による米兵に対する暴行事件であります。

昨二十一日の午前三時半ごろに、
浅草の千束町の朝鮮マーケット附近におきまして、
六名の米兵が多数の鮮人に取囲まれまして、集団的に暴力を加えられて、
一名は死亡する、二名は負傷する、
自動車も破壞されるというような不祥事
を起したのでありますが、

わが国の講和を前に控えて、今日日本の置かれたる国際的地位などから考え、
この時期を思いまするときに、まことに遺憾しごくな事件だと考えます。


終戦後の第三国人どもは本当に酷かった。

軍の兵器を盗んで来たらしく、三八式歩兵銃や南部式拳銃で武装し、
小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、
時には殺人まで、経済犯、実力犯を中心にあらゆる悪事を重ねていた。

銀座、浅草、新宿は朝鮮人、新橋、渋谷は台湾人に支配され、
政府も警察も動揺し、手を拱いていた


戦勝国民は治外法権だったのである

だから食管法に限らず、戦勝国民には日本法を適用出来なかった。

服部時計店や白木屋も米軍の酒歩(PX)に接収され、
そこへ行けば食料に限らず物資は山ほどあった。

日本人は買へなかったが。

そうした情勢に便乗し、朝鮮人は戦勝国民だの「朝鮮進駐軍」を僭称して
堂々と闇商売を行い、派手に稼いでいた。
そりゃ儲かるだろう。

取締を横目に犯罪のし放題。

警察の検問を竹槍日本刀を振り回して強行突破したのだから
(さすがに銃撃戦は挑まなかった模様)。

当時は物不足で、売る方は素人でも出来た。
仕入れこそ難しかったのだが、
彼等は日本人露天商を襲って商品を奪うのだから。

それで警察が黙認して捕まえないのだから、こりゃあ損のしようが無い。

警察が襲撃されることしきりで、署長が叩きのめされたり、
捜査主任が手錠を賭けられ半殺しにされるぐらいは珍しからず。

上野で朝鮮人経営の焼肉屋へ国税局査察部が査察に行った際、
大金庫を開けて手を入れた瞬間を狙って
二十人ぐらいで一斉に金庫の扉を押したものだから
査察官は腕を切断されてしまった。

家畜相手ならまだしも、人間に対しても、関東以西の大都市を中心に、
日本中に灰神楽が立つような勢で数多犯罪を重ねた。

川崎、浜松、大阪、神戸などが酷かった。

その最も著しい、象徴的事例に、元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に対する
集団暴行・傷害事件がある。

翁が軽井沢の静養先から帰京しようとして信越本線の汽車に乗っていたら、
例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、
鉄道員を突き飛ばし押入って来て、

俺達は戦勝国民だ、おまえら被支配者の敗戦国民が座って
支配者様を立たせるとは生意気だ、
この車両は朝鮮進駐軍が接収するから
全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな! 

と追い立てた。

それで鳩山氏が、我々はきちんと切符を買って座っているのにそりゃおかしい、
と一乗客として穏やかに抗議したら、
たちまち大勢飛び掛かって袋叩きにし、鳩山翁を半殺しにした。

幸にして重体にも重傷にも至らなかったが、頭部裂傷だか顔面挫傷だか
忘れたが、血に塗れ腫れ上がった痛々しい顔で帰京した。

年老いた祖父を理不尽に叩きのめされて怨まぬ孫も有るまい、
いかに不出来な孫にせよ。
孫共はこれを知らんのだろう。

直後に総理大臣に成る程の大物でもかくのごとし。

いわんや庶民におては 土地も屋敷も物資も操も、奪い放題であった。

闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、
ことには、空襲や疎開で一時的に空いている土地が片端から強奪された

今、朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業しているのは、
皆、あの時奪った被災者の土地
だ。

それでも警察は手が出せなかった。

歴代首相大臣等が絞首刑になって行く状況で、警察ごときに何が出来よう

ある日、警察は何月何日を以て廃止す、再び登庁するを許さず、と命ぜられれば、
それ切り警察は消滅する。

七百万の大軍を擁した彼の帝国陸海軍ですら、
左様にして両総長 両大臣以下、自然廃官になった。

まこと、敗戦は悲しからずや。

たまりかねた警察が密かにやくざに頼み込み「浜松大戦争」になった訳だが、
「小戦争」は日本中に頻発した。

最後の頼みの綱は連合国軍であったが、遂にはその憲兵隊でも手に負へぬ
非常事態に立ち至った。

それでさすがに米軍も腹に据えかね、
日本本土全域の占領を担当していた米第八軍司令官アイケルバーガー中将が、
関東と言はず関西と言はず、はたまた北九州と言はず、
不良朝鮮人活動地域に正規戦闘部隊の大軍を出動させ、

街頭に布陣して簡易陣地を築き、重装甲車両を並べ、
人の背丈程に大きな重機関銃を構へて
不良朝鮮人共にピタリと狙いをつけ、ようやく鎮圧した。

我々はその火器のきらめきを間近に見た。

この時、連合軍総司令官ダグラス・マックアーサー元帥の発した布告が、
「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」
と言い声名で、これぞ「第三国人」なる語のおこりである


だから、外国人差別用語なはずは無い。

彼等自身、マックアーサー元帥以下、一人残らず皆、外国人ではないか。

連合国軍総司令官は日本人に対してこそ絶大な権勢を振ったが、
本国や同盟国、対日理事会や極東委員会に気を使わねばならぬ
外交センスの要る役職であった。

何人にもせよ、敗戦国民以外を、声名発してまで差別なんぞする筈が無い。
「第三国人」の語は、国際法に則って説いた技術的専門用語に過ぎない。


1950年にGHQは日本占領を終結し解放し
実質的に戦後は終わったとされています

その際に朝鮮人は日本籍を剥奪され
韓国籍として朝鮮に帰れと命令しました

不要の朝鮮学校と民団総連も廃止し解散請求しました

すると在日朝鮮人は何を
「我々は先勝国民であり日本を統治する立場だ」と叫びだし

革命を叫んで公共施設の不法占拠し
火炎瓶や武器で武装して決起したのです。

警察も拳銃で対抗し射殺された人もでました

警察では対処できなくなりGHQは軍隊の動員をして
戦後初の戒厳令を敷いて朝鮮人による暴動を平定しました。

この戦後初の戒厳令が敷かれた朝鮮人動乱(正式名がない)事件は
日本の歴史からスッポリ抜けています、

死人も出ている事件なのに日本の教科書には掲載されたことはありません。

(日本各地で勃発しました、栃木や浅草などは戦場状態です)

逆に朝鮮民族学校の教科書には差別と弾圧として掲載され教育されています。
勿論、被害者側としてであり
立ち上がったのは国籍条項と朝鮮民族学校の廃校に対する抗議として

日本人として在日朝鮮人の危機感は常に持つべきですね。

言っておくが日本国内だけではない、
朝鮮半島を朝鮮を近代化させて、恩あるはずの我ら先人の日本人を
集団で襲って、強姦強盗不動産窃盗と悪の限りを尽したのを
皆忘れてしまったのか?

多くの日本人は、朝鮮人に襲われ無念にも命を落とされ、帰れなかった人は数知れない。

彼らの悔しさを思うと、日本人の敵朝鮮人に参政権という言葉は
決して出てこないはずである


このことを誰も伝えようとしないが
事実は決して消える物ではない


朝鮮人の日本人に対する犯罪は触れては成らない理由があるのか

不思議な日本人達だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これは削除された動画の文章のほとんどを網羅していると思います。
すべてではないと思いますが。

とにかく、何か気に入らないことがあると、すぐに徒党を組んで、
暴力に訴える、というのは、
今現在でも、日本の近隣国ではよく耳にしますね。


とにかく、私たちに必要なのは事実を知ることですね。

ここに出てくる、鳩山一郎氏の話は、ちょっと事実と違うようで、
これについては私のブログでも触れていますし、
http://pitanpitan.at.webry.info/201001/article_1.html
鳩山一郎のウィキの逸話に出ていますから、ご覧ください。

とにかく、ネットで検索すれば、数秒で事実を知ることが出来ます。
すべて、主さんたちの無償の努力によって。

動画の文章を書き起こすのだって、面倒だったはずです。
小一時間はかかったはずです。

それでいくらか貰える訳でもなし、
ただみんなに事実を知ってもらう一端になればと、
ただそう思ってUPされたはずです。


事実を知りましょう。
消しても消しても、事実は消えません。

事実を知らないから容易に騙されます。
歴史を知らないから容易に騙されます。

そして、騙されて身包みはがされます。

はがさなければならないのは民主党のばけの皮です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
猫の下痢
猫の下痢についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 ...続きを見る
猫情報ナビ 〜猫の習性・飼い方〜
2010/01/01 21:38
超広範囲に拡散希望!!本当にひどい奴等だ!
 嫌韓流を読んでいる人は知っていると思いますが、終戦直後の在日朝鮮人たちの暴虐ぶりは物凄いものがあったようです。まずはこのニコニコ動画をご覧あれ。 ...続きを見る
国民が知らない素晴らしい日本
2010/01/02 00:12
猫の便秘
猫の便秘についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 ...続きを見る
猫情報ナビ 〜猫の習性・飼い方〜
2010/01/02 14:30
NHKの捏造を許すな!
NHKは民放局とは異なり、国民から受信料を強制的に徴収しているので、報道する内容に関しては、民放局と比較すれば、より一層厳格で公正な報道が求められるのは当然だ。しかしNHKは、中国、韓国が泣いて喜ぶ偏向報道、歴史の捏造、自虐史観による国民の洗脳を、繰り返している。 ...続きを見る
風林火山
2010/01/02 14:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝鮮進駐軍がやってきた 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる