黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 敷島の大和心の雄々しさは ことある時ぞ あらわれにけり

<<   作成日時 : 2010/01/10 19:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0



いよいよ小沢一郎本人に
地検の捜査の手が伸びているようですね。

東京地検、小沢氏に近く出頭要請 「陸山会」土地購入疑惑で聴取へ
2010/01/06 02:47
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/342752/


民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の
土地購入をめぐる疑惑で政治資金収支報告書に記載のない
多額の資金操作が次々発覚している。

10億円以上にのぼる可能性があるという。

土地の購入資金の原資は何か。
なぜ複雑な資金操作をしたのか。

東京地検特捜部が小沢氏に出頭を要請して事情聴取するのは当然である。

問題は、小沢氏がなぜ、いかなる目的で資金操作をしているのかという
疑惑を晴らすことができるかどうかだ。

民主党内からも疑惑解明の声が出ないのも異様だ。

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体の偽装献金事件でも、
上申書提出で首相の事情聴取は見送られてしまった。

捜査が尽くされたのか疑問が残る。
政治不信を高めるだけでなく、検察不信にもつながっている。

 小沢氏の十分な説明がなく、党の自浄能力が見えない中で、
検察当局は疑惑を徹底解明すべきだ。

法と正義を守る公正な捜査を国民は注視している


小沢氏聴取へ 徹底解明が検察の責務だ
2010/01/07 07:40
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/343180/


・・・・・・・・・・・

鳩山由紀夫は、
私は私腹を肥やしたり、不正な利得を得た思いは一切ない」と
苦しい言い訳をして、

発言で墓穴 鳩山氏の敵は鳩山氏
2009/12/25 01:40
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/339546/


おかしなことに、いまだに総理の座に居座り続けていますが、
本来ならば、議員資格もないはず。


政治資金規正法25条で、
代表者が会計責任者の監督などを怠れば罰金と
定められている。
    ↓
政治資金規正法28条により、
代表者が罰金刑なら被選挙権がなくなる。
    ↓
被選挙権を失うと、議員辞職しなくてはならないと
国会法109条で定められている。
    


裏献金で土地購入 小沢氏「はぁ?」恫喝気味にはぐらかし
2010/01/10 07:37
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/344258/

・・・特捜部が最大の関心を寄せているのが、
土地購入費をめぐる不自然な資金の流れについて、
小沢氏側の説明と実際の資金の動きに矛盾が生じている点だ。


・・・・・・・・・・・・・・・

小沢一郎は間違いなく私服を肥やしていたのですから、
検察の皆様におかれましては、
鳩山の時のような手ぬるい、中途半端な事はやめにしてもらって、
国民のために、とことん事実を追求していただきたいです。


そして、野党、自民党のみなさんには、
日本の国民のためにも、自分たちのためにも
ここで本当にがんがっていただかないと。

小沢氏は自ら説明を 谷垣総裁「異常事態」
2010/01/10 12:51
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/344366/

鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の資金問題について
「首相と与党幹事長周辺が捜査対象になっているのは異常事態だ。
小沢氏は検察に任せず、自分で見たことをはっきり言うべきだ」と批判し、
18日召集の通常国会で徹底追及する構えを示した。




・・・楽しみにしてますよ、自民党さん。

本当に、がんがってくださいよ。

ここでがんがらないと、本当に、
存在意義が、限りなく透明に近いブルーになってしまいますよ・・。


それにしても、記者の質問をガン無視して、
あのマスクで顔を隠した小沢一郎の写真。

前にも見ましたよね、このマスク姿(笑)。

画像

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100107/stt1001072219011-n1.htm) 


・・・かなり分かりやすいですね(笑)。


去年の大訪中団の満面の笑顔が懐かしいですね ・。・

画像




去年のメルマガの転載で恐縮ですが、

ここで一気に、小沢人民共和国を潰してしまいたい!

という気持ちの日本国民は多いと思います。


 
わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1770号

平成21(2009)年12月29日(火)

━━━━━━━━━━
小沢人民共和国を潰せ
━━━━━━━━━━

      平井 修一

中共では、行政・立法の政治家は「利権屋」、
司法の警察・軍隊は「暴力団・マフィア」
である。

すべては政権・権力という、つきつめれば「暴力次第」で、
政権を握ったら政権の意のままに
すべてが統治されなくてはいけないというシステム
である。

中共と小沢一郎の脳味噌は一緒で、
普通にはこれを「独裁」あるいは「全体主義」という


「普通の国にしたいだけなのだ」と劉暁波は「08年憲章」を起草した。

書いてあることは至極もっともなことで、
普通の国では猫でも知っている当たり前のことである。

しかし独裁国家の中共では当たり前のことが当たり前ではなく、
何と国家転覆罪で禁固11年の判決
である。

「政権に逆らうなら辞表を懐に入れてものを言え」と小沢は恫喝した

中共は「政権に逆らうなら禁固を覚悟でものを言え」と恫喝している。

600人を率いて中共に朝貢して恥じないのは、
小沢が身も心も中共と一体だからであろう。

コキントウと兄弟のようで、
コキントウの産みの親は毛沢東、育ての親はトウ小平である。

日本人の小沢がなぜこんな風になってしまったか、ケゲンである。

小沢のメンタリティーは「朝日ににおう山桜花」の
慎み深く爽やかな日本人の感覚からすると相当離れており、
今では傲岸不遜、傍若無人のレベルに達し、
天皇陛下さえ見下すまでに増長慢心しているが、
産みの親が「角栄」、育ての親が「金丸」だとこうなるのだろうか

この2人の親は「権力がすべて」「金力がすべて」「選挙がすべて」で、
それでどういう子供が育つかという、いい例がマキコである。

一種のバケモノで、小沢と兄妹のようである。
世の中には敵か味方か下郎しかいないと思っている。

鳩山家も似たようなもので、鳩ママからの毎月のお小遣い1500万円を
「知らぬ存ぜぬ」と嘘八百で逃げ切ろうとしている


モラルなんてありゃあしない
確信犯で、小沢、マキコと同様のバケモノである。

バケモノがヒトラー同様に民主主義的な選挙で権力の頂点に立ち、
ヒトラーはワイマール共和国を崩壊させ、
小沢は日本を崩壊させて「中共倭族自治区」にしようとしている。

朝日新聞は保守派に筆誅・言論テロを加えたが、
売国奴に筆誅・言論テロを加えるのは今やネットしかない。

ネットが新聞を超えられるか。
超えられるのである。
オバマはネット活用で勝利した。
新聞はほとんどすべてネット事業に進出して失敗している。
ネットは新聞の天敵である。

一般紙を「内容」で買っている人はたったの15%だそうだ(米国)。

多分日本でも同様で、読売、朝日、毎日、東京(中日)、産経・・・
85%は「拡材」の洗剤やらビール券で選んでおり、内容なんて二の次である。

カミサンを見てごらん。
カミサンは新聞の裏、テレビ欄を見、スーパーのチラシをじっくり見る。
それから「事故と殺しとスキャンダル」の三面記事を見て、
家庭面、文化面、スポーツ面と、後ろから見ていくのである。

政治面なんてじっくり読む読者は稀で、
大体が15〜20分しか新聞を読んでいないという(米国)。

新聞が世論をリードする時代は、購読者、広告出稿の減少とともに
確実に減っている。

メルマガは今は閲読者がせいぜい数万人のミニコミだが、
やがては10万、百万になる。

新聞は逆に読売1000万部が500万部へ、朝日800万部が400万部へ、
毎日500万部はゼロになろうとしている。
10年もたたずにそうなるだろう。

記者の年俸1000万円。
内外のオフィス経費、取材・交通費、福利厚生費などを含めて
記者一人当たりのコストは年2000万円以上。

べらぼうなコストである。

部数減、広告・販売減をカバーするには記者やら編集費を切るしかない。
氷河期である。

恐竜だった新聞はパワーが衰える一方である。

ネットは「早い・安い・うまい」で氷河期を乗り切れるが、
新聞のビジネスモデル(大量広告、大量販売、大量配信)は
「ネットで無料で記事を提供した」ことでミソをつけた。

ネット記事を今さら誰も買ってくれない。

不況である。
企業の広告出稿は減るばかりである。
貧ずれば貪すで、広告をもらうために新聞は節操のない
フリーペーパーみたいになるだろう。

昨日勤皇、今日佐幕で、右に左に揺れ動き、オピニオンリーダーの地位を失うのである

子供たちへ健康な日本を継承するためにバイアスのかからない
「自由なネット言論」は必要である。

新聞凋落を補完するのは基本的にそれしかないだろう。

小沢と中共は当然のことながらネット言論を規制してくる

「禁固11年」の覚悟でネット・コミュニケーション「ネトコミ」を育て、
我々は小沢人民共和国をつぶさなくてはいけない。

それが時代から要請された我々の使命、天命である。

同志諸君、名こそ惜しめ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(宮崎正弘のコメント)

明治天皇の御製を繰り返します。
  
「敷島の大和心の雄々しさは ことある時ぞ あらわれにけり」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本が終わる外国人参政権
鳩山政権、公明党などが掲げる売国法案、外国人地方参政権、夫婦別姓、人権擁護法案成立の見通しについて、チャンネル桜の田母神塾という番組で、青山繁晴氏と田母神氏の討論があった。 ...続きを見る
風林火山
2010/01/11 04:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敷島の大和心の雄々しさは ことある時ぞ あらわれにけり 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる