黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞全国世論調査によれば「永住外国人に地方選挙で投票する権利を与えること」に賛成60%

<<   作成日時 : 2010/02/02 11:30   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

ちょっと驚くメールが来ましたので、転載します。


朝日新聞 1月16、17日に実施した全国世論調査によれば、
「永住外国人に地方選挙で投票する権利を与えること」に賛成が60%で、反対は29%
・・・。』


・・・よくある、昼間にお宅に電話してのアンケートでしょうか。

だったら、これについて知らない人もいたでしょうね。

そういう人に朝日新聞が、この法案について、説明するんでしょうか。

どういう説明するのか知りませんがね。

まぁ、いまだに朝日新聞を本気で有り難がって読んでいるような購読者は
そりゃ、賛成なんでしょうね・。・


それに、こういうアンケートって、電話でも何でもそうですが、
相手が日本人とは限りませんよね。

いちいち「あなた何人ですか」って初めに聞くんでしょうかね。

アメリカみたいな移民国家では、銃を買うときにも、何人か書く欄があるわけですが、
日本もこれからはいちいち何人か聞くべきですね。


『捏造されている可能性はあるものの
一般国民に法案が持つ危険性が認識されているとは言えません。』


・・・そうね、捏造されている可能性はかなりあるとは思いますね、朝日ですから。

なんつっても、朝日といえば、「椿事件」ですから。

しかも今回の議題も、
「小沢一郎」が推す「永住外国人参政権付与法案」なんですから。


朝日、本気でつぶれて欲しい。 NHKもいらない。



以下、メール転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※緊急:日本テレビ 参政権賛否投票

日本テレビが、「外国人参政権付与法案」の賛否投票を2月3日(水曜日)まで募集。

土曜8:00「ウェークアップ」という番組の意見募集です。

テーマ@「政治とカネ」でもたつく国会にひとこと!
テーマA「外国人参政権」私はこう思う。

ふたつの意見募集をしています。

■こちらを↓開いていただくと投稿画面になります。

http://www.ytv.co.jp/wakeup/form/form_set.html

携帯アドレスからの投稿ができるかどうかは確認できませんでした

FAX 06-6947-3630 でも意見を受け付けていますのでよろしくお願いします。

@年齢 A性別 B職業 を記入したのち C意見 を述べていただければと存じます。

ぜひ憂国の思いで投票をお願い申し上げます。
(周りの皆様にも投票を呼びかけてください)


永山英樹さんのメルマガ版「台湾は日本の生命線!」より転載情報です。

台湾の現実を知ることは対中国戦略において大変重要です。

ご一読賜れば幸甚に存じます。


偽装結婚に工作員―流入中国人「参政権」問題での台湾の苦悩と危機を見よ

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1026.html

台湾では近年、女性の地位の向上に伴い、
男性が中国、インドネシア、ベトナムなどの外国人女性と結婚するケースが高まっている。

そのため二〇〇三年には、結婚したカップルのうち、国際結婚が三二%にもなっている。

そして配偶者の国別で最多だったのが中国人で、全体の六四%をも占めた。

当時、「大陸新娘」(中国人花嫁)の数は、すでに二十四万人ほどに達していた。

しかしこれによって大きな社会問題も発生した。

先ず第一に、財産目当ての結婚が多発した。
戦後、国府軍によって台湾へ連れてこられた元兵士の高齢者と結婚し、
やがて相手が亡くなれば、遺産のほかに政府支給の家を受け取り、
さらには生活補助金の半分の額を引き続き受給することができるからだ。

そしてもう一つは偽装結婚で、これが全体の四分の一を占めていた。
結婚のために来台して姿をくらまし、多くは売春家業などに精を出すのである。

そこで政府はこれを防ぐため、外国人配偶者には結婚から三年間は
身分証(公民権)を与えないとする規定を強化し、中国人に対してだけは八年間とした


また中国人には結婚後も、年間の来台者数を制限するなどで厳格に臨んだ

だが中国人配偶者にだけ厳しい規制を設けるのには他にも理由がある。それは「安全保障」への配慮だ。

そもそも中国人は台湾で暮らしても、アイデンティティは台湾ではなく、
中国に対して持ち続けるものと見られている。
つまり台湾よりも中国を愛し、そこに忠誠心を抱くというわけだ。

増大一方の中国の脅威に直面する台湾で、
このような人々にやすやすと参政権(公民権)を与えてしまえばどうなるか。

二〇〇二年、台湾で生まれた新生児中、百人のうち四人の母親は中国人だった。
このように中国を祖国とする人口が増大し、
大きな政治勢力を形成したらどうなるのかが問題となったのだ。

そこで二〇〇二年、公民権取得期限を八年から十一年に延長する修正法案が出された。

もしこのままで行けば、「二〇一六年には四十一万人が身分証を取得することになる」
(政府関係者)と言った懸念があったからだ(後に修正案は見送られる)。

そこでこれに対し、中国にアイデンティティを持つ在台中国人(外省人)の統一派政治勢力が、
「大陸新娘」を動員して反対デモを行なった。

これは、その「二〇一六年」に実施される総統選挙に向けた統一派
(あるいはその背後の中国)による策謀と見られた。

その後も中国人配偶者を動員した規制撤廃、差別反対を求める
「人権」デモはたびたび行われている。

その後、さまざまな制限強化が奏功して偽装結婚は減少したが、
大陸委員会によれば、それによって「密入国が工作員の主要な入国手段となった」そうだ。
つまり偽装結婚には、スパイの入国工作の側面もあったのだ。

来台した中国人配偶者や、それが本国から呼び寄せた家族たちには、
軍事基地の近隣に居住する傾向
も目立った。

またそうした地域で、軍人を相手にする風俗店に勤め、
ハニートラップ工作を行う事例
も現れた。

こうしたことから国民の多くは、中国人配偶者への公民権取得制限を支持した。

二〇〇四年の世論調査によると、四三%が厳格な制限を、
三六%がある程度の制限を求めた。

制限反対は二〇%だった(外省人の人口比率は十数%)。

ちなみにすべての外国人配偶者に厳格な制限を求めたのは三七%であり、
台湾人社会の中国人への警戒心がいかに強いかが分かるだろう。

かくして外国人配偶者の占める割合は、三二%に達した二〇〇三年以降、
年々下降傾向が見られる。

〇四年は二四%、〇五年は二〇%、〇六年は一七%、
〇七年は十八%、〇八年は一四%と言った具合だ。

そして外国人配偶者に占める中国人配偶者の割合も、
二○○三年の六四%をピークに減少している。

〇四年は三四%、〇五年は五〇%、〇六年は五八%、
〇七年は六〇%、〇八年は五六%だ。

ところが内政部(内務省)が一月十五日に発表した「国民結婚統計」によると、
〇九年の結婚件数は不景気の煽りで十一万七千件。

年比で二四・四%と大幅な減少を見せた一方、
外国人との結婚件数は二万二千件で前年より〇・九%の微増。

全体に占める割合は一八・七%(前年比一四%増)となった。
そしてさらにそこに占める中国人との結婚件数は六〇・六六%にも及んでいる。

件数で言えば一万三千二百九十四人で、前年比の四・三%増。

台湾が統治する福建省の金門島・馬祖島地区では、
結婚件数の四一%が外国人とのもので、その九割は中国人が相手だ。

内政部によると、〇八年の段階で中国人配偶者数は、
すでに二十七万四千百七十三人にも達している。

この中国人配偶者が再び増加傾向を示す現象について台湾紙自由時報(一月十六日)は、
馬英九政権の政策(※所謂「中国傾斜」政策)の動向と符合しており、
深刻な移民危機を形成していると警鐘を鳴らすのだが、
これは日本社会に対する警鐘ともなるのではないか。

ちなみに「中国傾斜」とは、中国の影響下へと自ら参入して行くことだが、
馬英九の国民党政権と同様、日本でそれを強める民主党政権が提出しようとしているのが
外国人地方参政権付与法案
だ。

その「外国人」のうち、今後最も数が急増し、
そして最も日本の政治に影響力を行使するものと見られるのが中国人
なのである。

朝日新聞が一月十六、十七日に実施した全国世論調査によれば、
「永住外国人に地方選挙で投票する権利を与えること」に賛成が六〇%で、
反対はわずか二九%だった


中国人が社会に浸透する恐ろしさを、日本人は台湾人ほどは理解していないようだ。

これは民主党が外国人に選挙権を与えることで生じるマイナス作用について
説明を回避しているから
だ。

もちろんこうした危険な法案を敢えて作り出す以上、
そのようなことは口が裂けても触れるまい。

法案実現を急ぐのは、国民間で賛否の議論が始まり、
反対世論が巻き起こるのを恐れているから
だろう。

そして民主党内部では国民の油断を衝き、不法滞在者にまで国籍を付与する
外国人基本住民基本法を制定する動きも見られる


すでに千葉景子などは法相でありながら、そうした外国人を許容する言動を見せている

しかし中国人の不法滞在は、日本にとっては深刻な治安・安保問題となっているはずだ。

こうした民主党政権の亡国政策を食い止めなければ、
社会は中国共産党が次々と送り込む人々の跋扈するところとなるだろう。

そして台湾がすでにそうなりつつあるように、入り込んだ中国人たちの権利要求は止まることを知らず

それに対して「やさしい」国民は摩擦を恐れて抵抗できず、
あるいはそれに呼応するとの亡国行為に出て、不正、犯罪、陰謀に満ちた
暗黒状況に陥ることだろう。

国民の覚醒こそが急務である。




さらにメール転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外国人参政権に反対する会・全国協議会が実施しておられる国会請願署名の件について
協力の要請をいただきました。
現在約3万名の請願署名が集まっているということです。

代表の方は国家試験を目前に控えておられまる医学部の現役学生ですが、
この国家存亡の一大事に際しておちおち自分のことにかまけている場合ではないと
熱い想いで100%ボランティアで反対運動に取り組んでおられます。
ネットでの拡散や署名協力につきましてお忙しいところとは存じますが
何卒ご検討いただけますようよろしくお願いいたします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(ご協力のお願い)

国会請願署名の重要性について

2004年に発足した「外国人参政権に反対する会・全国協議会」では、
2007年より、請願法に基づく国会請願のための署名を集めております。

外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/


これはネット署名とは違い、衆院参院の両院のサイトにて署名の筆数が「公的なモノとして」
表示されます。

そのため、反対派の勢力が具体的に数字となって判明します。





もしこの数字がはるかに少なければ、外国人参政権を成立させることにより失う票数より、
民団などに選挙権を与えて得る票の方がはるかに多い、

→つまり反対派の声を無視してでも、外国人参政権は成立させた方が得だ、と
推進派を勢いづかせることになってしまいます。

そのため、この国会請願署名の重要度はネット署名などとは比べものにならず、
また少しでも多く数を集める必要があります。

そのため、少しでも多くの方々の署名を募集していただけますよう、皆様のお力添えを
何卒よろしくお願い致します。


      *****************************************
      外国人参政権に反対する会・全国協議会
      現代表:神田 賢斗 (前代表 鈴木道雄)
       事務局:村田春樹
      〒350-1176 埼玉県川越市川鶴1-16-2
     sanseiken_hantai@yahoo.co.jp
     http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/
     *****************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イヨイヨ本日の19時までです!簡単ですから協力して下さい!
日本テレビが、  ...続きを見る
人生薔薇色に☆
2010/02/03 12:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞全国世論調査によれば「永住外国人に地方選挙で投票する権利を与えること」に賛成60% 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる