黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月10日午後2時〜6時 日比谷野外音楽堂に結集

<<   作成日時 : 2010/04/05 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

緊急拡散

《「過去現在未来塾」発足記念講演会》

(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時〜6時まで!)

全ての憂国的同志の皆さん!

民主党革命政権を粉砕し、
今や全世紀の遺物と化した自民党に変わる真の保守政党が必要です。

今は、まさに「革命前夜」

私たちはもう待てません。

ひとりでも多くの同志の参加を熱烈に要請します!

尚、この案内は、皆さんから、知人や掲示板に送付、貼り付けをお願いします。

   平成22年3月29日

        民主党「不当除名」都議会議員 土屋たかゆき


真正「保守新党結成に向けて」

自民は大企業を相手に、民主は労働組合を相手に政治を行った。

真正保守新党は、国民と共に中小企業を活性化し、
国民生活を再建、国家の誇りを再生する、唯一の「国民政党」です。


【「過去現在未来塾」発足記念講演会】開催にあたって。

《あいさつ》

時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。

皆さまのお力添えのもと、国会で仕事をさせていただいてきたものとして、
永田町から離れ、現在の混迷した政治状況を国民目線で見ていて
慚愧に堪えません。

それは、国民の規範意識と国会議員との温度差が、
あまりにもかけ離れていることであります。

そして、その問題が倫理観のみならず、
国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、
日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓法案」
「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、
矢継ぎ早に繰り出されているからであります。

そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、
広く理解して戴けるように「過去現在未来塾」を創設することに致しました。

尚、「過去現在未来塾発足記念講演会」は、
4月10日(土曜日)午後2時から6時まで
「日比谷公園野外音楽堂」で開催することになりました。

基調講演は、現在の混迷状況の核心を『よみがえれ国家意識』との演題で、
西尾幹二先生に講演して戴けることになっております。

昨年、10月27日の【「日本解体法案」反対請願受付国民集会】に
ご参集いただいた約5000名の方々の熱気を、
日比谷公園に再現できたらと切に願っております。

また、当日は今上天皇陛下のご成婚記念日でもありますので、
日比谷公園の満開の桜とともに祝って戴ければ幸いです。

平成22年3月吉日

「過去現在未来塾」塾長:中山成彬元文科大臣

※詳細は、事務局から随時インターネット上にて発表しますので、ご確認ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【過去現在未来塾発足記念講演会のご案内】

■日時: 4月10日・午後2時〜6時  開場: 午後1時より

■場所: 日比谷公園野外音楽堂

【日比谷野外音楽堂登壇者】

●主催者挨拶: 中山成彬「過去現在未来塾」塾長

●基調講演: 西尾幹二先生『よみがえれ国家意識』

●以下の登壇者は、現・前職国会議員、大学教授、文化人、ジャーナリストなど。

●司会: 西川京子

■入場料無料:尚、当塾のシンポジウム等、今後の啓蒙活動などは、
広くご賛同戴ける皆様方からの浄財に支えられて運営されますので、
当日入口付近にてカンパを受け承りますので、宜しくお願いいたします。

■主催: 過去現在未来塾

■実行委員: 土屋たかゆき・戸井田とおる・水間政憲(事務担当090-5560-9728)

■【過去現在未来塾】設立の趣旨にご賛同いただける団体・組織が御座いましたら、
インターネット上に掲載させて戴きますので、
事務局へ FAX(03-3269-5873)にてお申し込み下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

《「過去現在未来塾」設立の趣旨》

●日本の伝統と文化を紡いできた先祖に感謝し、
これからも国民の生命と財産を守り、
文化的でうるおいのある生活を実現できる社会を目指して、活動する。

● 国権の最高機関である国会においては、日本人が日本の末永い安寧を願い、
国民の安心と安全を確保することを基本として法律を作る環境を整える。

尚、日本の根幹を破壊する、「外国人参政権付与法案」
「夫婦別姓制度法案」「戸籍制度廃止法案」「偽装人権擁護関連法案」
「1000万人移民推進法案」「二重・三重国籍(重国籍)法案」や
〈日本に居住していない外国人の子供にも「子供手当」を支給する法案〉など、
日本国の解体につながる法案を断固阻止及び廃止する啓蒙活動を実施する。

●国際化の時代における日本の在りかたとしては、日米同盟を機軸とし、
国連など国際機関の趣旨を尊重するが、
日本の国益を損ねないように国民の合意を優先できる環境を整える。

●教育現場の教員が、「労働者」から本来の崇高な「教育者」への意識に戻れる、
教育改革を実現できる環境を整える。

●英霊の追悼は、靖国神社並びに全国の護国神社を国民の追悼施設と認識し、
国民が日常生活の中で感謝と哀悼の意を表することができる環境を整える。

尚、未帰還の御遺骨115万柱は、最後の「1柱」までの御帰還を目指し、
緊急に収集事業環境を整えることとする。

●拉致被害者帰還事業は、総理官邸に直轄の
「拉致被害者帰国推進本部」を設置して、日本国の威信をかけて推進する環境を整える。

●御皇室の弥栄を祈り、御皇室の継承者問題に関して、
「過去現在未来」の国民の声に耳を傾け「皇室の伝統」を尊重できる環境を整える。

以上の主旨に則して当塾は運営されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【過去現在未来塾概要】

■塾長: 中山成彬先生

■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、
島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、
戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、
西川京子 (女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、
水間政憲(歴史認識問題など)

■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-17
パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
過去現在未来塾
中山成彬先生。田母神俊雄先生と並ぶ日本2大国士として知られる愛国者だ。民主党の陰謀により、大臣をやめさせられ選挙にも落とされたわけだが、さすがは国士。日本のための活動はちゃんとやってきた。それが今回紹介する「過去現在未来塾」だ。 中山先生は憂いている.. ...続きを見る
愛国を考えるブログ
2010/04/08 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
子ども手当てという名称であっても、子どもに使われるとは限らない。
手当ての何割かは、民主党の支持母体の一つであるパチンコ店で使われることとなる。
民主党は在日政党だから、在日にも与えるのが最大の特徴。
財源は借金(国債)。その返済は子どもが成人したとき増税する税金で行われる。
鳩山由紀夫は嘘つき脱税王
2010/04/06 05:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月10日午後2時〜6時 日比谷野外音楽堂に結集 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる