黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 英霊は犬死した被害者ではなく、自分の命を盾に子孫を守った英雄である。

<<   作成日時 : 2010/12/13 18:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2


大東亜戦争の意義


臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。

大本営陸海軍部12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は本8日未明、
西太平洋においてアメリカ・イギリス軍と戦闘状態に入れり。

帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋においてアメリカ・イギリス軍と戦闘状態に入れり。

http://www.youtube.com/watch?v=r4xKhHfLB0s&feature=related
 ↑ 開戦の大本営発表



昭和16年12月8日、わが国はアメリカ、イギリスに対して、宣戦を布告した。


アメリカは、日露戦争中の1904年、対日戦争を想定した、克明な作戦を策定。

その作戦は、わが国をいかに、戦争に追い込むかが主眼であった。


この作戦は、「移民法」でわが国を挑発し、
わが国が大陸に活路を見出すことを想定、

国力が疲弊した段階で、新たな挑発行為をし、
開戦に「引きずり込もうと言う」狡猾なものであった。


アメリカは、わが国の暗号を全て解読。

ルーズベルトは、16年11月15日の閣議で、
「ジャップに一発目を撃たせろ」と発言したが、
我が軍が、ハワイ方面に奇襲をかけることは先刻承知をしていた。

しかし、国内の「厭戦気分を払拭」するため、その事実は公表せず、
アメリカ空母は退避させ、その時を待った。

それが、12月8日だ。


わが国は経済的活路を大陸に見出した

では、欧米列強はどうか。

彼らは、アジア、アフリカを植民地にし、収奪を繰り返し、
更に大陸も同じように植民地化しようと考えていた



戦後の、占領軍の「洗脳教育」や、それに追従する日教組教育で
歴史の真実が捻じ曲げられて、

国民は「大東亜戦争は、日本の侵略戦争だ」と言う意識を植え付けられた


加えて言えば、「大東亜解放のための戦争」として、
政府が命名した、「大東亜戦争」と言う呼称も、
占領軍が改ざんした、「太平洋戦争」に定着している。


アメリカは、ABCD包囲陣を敷き、わが国への石油輸出を禁止した、

更に、最後通牒とも言える、「ハルノート」を突きつけ、

内容は、満州国の否認、南部仏印からの撤兵など、
到底わが国が飲めない条件が羅列してあった。


では、わが国が、それを飲んだらどうなったのか。

戦後、「無謀な戦争だ」とか言う妄言があるが、
アメリカなどは、別に中国の主権を守ろうななどは考えてもいなかった


つまり、欧米列強は、アフリカ、アジアの他の地域と同じように、
中国を殖民化し、あらん限りの収奪をしようとしていた
のだ。

それにはわが国が目障りになる


大東亜共栄圏についても、戦後批判がある。

戦時中だから、完全無比が政策など出来るわけはないが、
わが国は大東亜会議を招集、独立を約束している。

更に、わが国が併合した朝鮮、領土となった台湾、それに満州国には、
帝国大学を設立、インフラの整備をするなど、多大の投資を行っている


占領地でも、教育の普及、現地人の軍事訓練を行った

そんな「植民地政策」は例がない


オランダなど、インドネシアでは過酷な植民地政策を実施

現地人との経済的格差は、5000対1


以前、わが国の中学生の英語教科書に「I'm sorry.」と題する文章が載っていた。

内容は、わが国の子供が、ホームステイしたオランダ人から、
「日本人から、インドネシアでの安楽な生活を奪われた」と言われたと言うのだ。

その子供は何と「I'm sorry.」と謝った。

これが、「文部省検定の教科書なのだ」



それはそうだろう。

5000対1の経済格差があれば、「安楽に決まっている」

それも「他国」で。


作家の深田氏が、以前、正論欄で書いていたことだが、ゴムが資源だ。

そのノルマが果たせない原住民は「手首から切り落とされる」そうだ。

ゴムを採集した船が帰って来ると、その船のマストにある紐に、
原住民の手のひらがくくりつけられ、ひらひらとしていた
と書いてある。


そんな残虐な収奪をしておいて、「安楽な生活を奪われた」と言い、
何故、中学生は「I'm sorry.」と言わなければならなかったのか



全く理解出来ない。

つまりは、占領軍が行った、日本人洗脳作戦が未だに生きている実証と言える。


占領軍は、新聞に「太平洋戦争」の連載を強要し、
ラジオで「真実はこうだ」と言う、デマゴギーを放送
した。

無知蒙昧の庶民は、それを信じた

憲法も、強制が巧みに隠され共産主義者が解放され、社会の各層に浸透した。


本来、昭和27年講和発効の時点で、占領軍の陰謀は清算すべきであった。

ところが、憲法も、国防軍も、教育も見直されなかった。


終戦時、ポツダム宣言受諾の条件であった、
「国体の護持(国柄)である、天皇のついては、
占領軍が将来を見据えて、多くの皇族を臣籍降下させたことにどんな意図があるか、
気にも留めていない。


確かにアメリカは狡猾だ。

しかし、国際政治とはそんなもので、主権を回復した時点で、
全ての総括をすべきではなかったのではないか。


それを放置した。

大東亜戦争の意義。

国体の本義。

それを、国民に啓蒙していない。

占領が解除されても、「太平洋戦争」とあの「産経新聞」でさえ、
占領コードを準用している。


わが国が、国運を賭けた戦争は、浅学非才、曲学阿世の輩によって、
その真意が捻じ曲げれたまられたままだ。

無謀な戦争と言うが、では、日清、日露の戦争は無謀ではなかったのか。


大国相手の一か八かの戦争だ。

しかし、戦争をしなければ、わが国は滅亡した。

戦争とはそう言うものだ。



「生命尊重主義」を振りかざす、
プライドのない進化の過程で脳の発達が止まった人間は、
国際政治を知らないから、大東亜戦争の意義を理解出来ない。


「特攻」も、「一銭五厘」の「赤紙で召集され」た無駄死にだと言う。


では、アメリカの隷属下におかれて、当時のわが国がどう、生きていけたのか。

確かに「特攻」の効率は悪い。

しかし、それしか我が国に取れる「作戦」はなかった。


効率しか考えない人間には分からないだろうが、
それが、大和魂、日本人の生き方なのだ。


どんな形で死のうとも、それは日本人の生き方なのだ。


無駄死にしているのは、「一銭五厘の赤紙で・・・」と卑下した表現をしている、
彼らではないか。


大東亜戦争は、アジア解放の戦争だった。

マッカーサーが言うように、「自衛のための戦争だった」(アメリカ議会での証言)

その、戦争のどこを反省しなければならないのか。


欧米列強は、アジア、アフリカを食い物にした

しかし、一カ国と言えども「謝罪などしてはいない」

それが常識だからだ。

戦争とはそう言うものだ。


子供の絵本ではあるまいし、
政治家が、国民が「皆で仲良くしていれば、平和な社会になる」と考える方が、
精神的構造に問題がある



12月8日 大東亜戦争開戦記念日に当たって、
先人の「奮戦」に敬意表すると共に、
国体の護持のため、自決した阿南陸軍大臣、
戦犯と言われた「法務死」した方々へ哀悼の意を表したい。


「特攻」の英霊は、「後に続く者あるを信ずる」と言い、散華した。

後に突くものとは誰か。

我々、現代に生きる日本人ではないか!


恥と言うものを少しでも、感じるとするのなら、
日本人としてのプライドを少しでも持っているとするのなら、
現状に対して、行動すべきだ。


どう、行動すべきか。

いくらでも出来る。

自分が出来る範囲でやればいい。


しかし、今、決起しなければ、それこそ、英霊は「犬死」になってしまう。

国体(国柄)は崩壊する。

その為に、若い青年が命を捨てた訳ではあるまい。


開戦の日、本来、政府が声明を出すべきことではないか。


http://www.youtube.com/watch?v=YRfPcnlMYtU
↑映画「トラ・トラ・トラ」予告編



No.571










土屋敬之(たかゆき)

■拓殖大学日本文化研究所客員教授

□東京都議会議員・日本創新党

○憲法学会会員

**********************************************************

         板橋区 当選4回

平成9年初当選、当選直後、東京都平和祈念館の偏向展示を巡り、党内

左派と対決。論理的矛盾を追及して勝利。同館は建設中止。その後、足立

16中人権侵害事件。過激性教育事件。公務員制度改革など、ことごと

く党内左派と対決。すべて勝利に終わる。公務員制度改革は37年ぶりに

行われ、1000億以上(年間)の節約が実現。石原知事とは盟友。「いいもの

はいい」「悪いものは悪い」と直言。

政治信条は、党利党略より、都益国益優先の政治。信念は曲げない。



獨協高校・獨協大学法学部法律専攻科修了。憲法学会会員。塩川正十郎・

白川勝彦代議士の秘書を努める。35歳の時、東北歯科大学に合格入学。

(秘書在籍のまま)専門課程3年(5年途中)で、病気のため止むを得ず中

退。療養の後、政界に復帰。第一秘書。政策担当秘書資格取得。

平成9年、鳩山邦夫氏の推挙で初当選、現在4期目。

この間、党三役を三回、総務委員会委員長、文教委員会副委員長、都連常

任幹事(2期)選対委員長代理、都議会監査委員など重職を歴任。民主党

マニフェストに、政策集にある、「外国人地方参政権」など革命法案が記

載がないのは、民主政党にあるまじきこういだと批判。雑誌、「WILL」に

論文発表。それにより、民主党を「不当除名」現在、裁判継続中(HP参照)

北朝鮮に拉致された日本人を奪還する地方議員の会会長。

この国の国体(国柄)を改変しようとするサヨク勢力とは徹底的に闘う、闘う

都議会議員。  著作多数、真正日本地図作成、論文多数。

*********************************************************

東京都板橋区大山2-1 秋葉ビル303 3974-0112 0180fax

HP http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
武器輸出三原則と死の商人 青山繁晴
反日売国奴議員、福島瑞穂(コリアンから帰化)が相変わらずの脳内お花畑状態で、「日本が死の商人にならぬよう全力で動く、武器輸出三原則を堅持」と主張し、菅政権は米国との約束を、またもや反故にしてしまった。 ...続きを見る
風林火山
2010/12/15 01:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本は、天皇を中心とする神の国です。

日本人には日本語があり、日本語には階称 (言葉づかい) がある。
「上とみるか、下とみるか」の判断により序列関係 (義理) を作る。
義理が廃ればこの世は闇と考えられている。

日本人は、礼儀正しい。
日本人の礼儀は、序列作法である。
序列なきところには、礼儀なし。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

noga
2010/12/13 18:48
自由とは、自己の意思の自由である。
自己に意思がなくては、自由にも意味がない。
日本人には、意思がない。
意思は、未来時制の内容である。
日本語には時制はなく、未来時制もない。

ボランティアとは、自由意思の人である。
我が国の志願で出てくる人とは、どこが違うか。
「ボランティア活動を強制してはいけない」と言ってその普及を反対する人がいることからしても、我が国においては、意思そのものの把握が不十分でることがわかる。

自主・独立 (independent) とは、英米人が子供を褒めていうときの言葉である。
自分が必要とするものは、自分自身の才覚により手に入れるのが大人の態度である。
自分の欲するものを大きな口をあけながら他人にピーピーとねだるのは、雛鳥の態度である。自分がまだ雛鳥の段階であれば、これは仕方のないことである。
独立に必要な軍備を他国にピーピーとねだる国民も子供じみた態度であることに変わりない。自国がまだ未熟な段階であれば、これは仕方のないことである。

意思のない人たちが自由意思の大切さを語ることも難しく、意思決定を行うこともまた難しい。
ともすれば、意思の自由は恣意の自由 (自由のはき違え) と間違えられ、意思決定はどこまでも先送りにされている。

「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、」という内容であるが、その決意を裏付けるのに十分な自己の力を示すことがないのであれば、その高邁な文言もまた空理空論以外の何ものでもない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


noga
2011/01/10 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
英霊は犬死した被害者ではなく、自分の命を盾に子孫を守った英雄である。 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる