黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国は自国の国益に反してまで尖閣で軍事行動するわけがない。

<<   作成日時 : 2011/02/12 18:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

「米国は尖閣で本当に軍事行動するか

文藝春秋2月号アーミテージ元国務副長官が極めて重大というより当たり前の発言をしている。

『日本が自ら守らなければ(日本の施政下でなくなり)
我々も尖閣を守ることは出来なくなるのですよ」、

「我々も尖閣を守ることは出来なくなる」

に注目すべきだ。

つまりこの意味するところは、米国が軍事的に出ないこと示唆しているのだ。


米国はこれまで「尖閣は安保条約の対象」と言ってきた。

今回前原外相訪米でも、その際のクリントンの発言を捉えてこのように発言しているようだ。


実際 日本の多くの人が理解しているように

「尖閣安保条約の対象」と「米軍が軍事的に軍事的介入」とは同じではないことを
気が付かねばならない。


安保条約第5条は「日本の管轄地に攻撃あった時、
米国自国憲法に従い対応」と規定している。

しかし、この「日本の管轄地」が曲者なのだ!


2005年「日米同盟未来のための変革と再編」の役割・任務について、
能力の項目で「島嶼部への侵略対応は日本」とされている。

ここがアーミテージの言う「日本が自ら守らなければ」の部分なのだ。

侵略の初期段階では米国は出て来ない。

日本が独自に守り切れればよい。

守りきれなければ、アーミテージの言う(日本の施政下でなくなり)という事態であり

そして「米国も尖閣を守ることは出来なくなるのですよ」という話であって、

米軍が出動することなど全然想定されていない。


これこそが「アーミテージが菅総理を嘲笑する理由。


菅総理だけでなく日本人全体を嘲笑していることに日本人は気付なければならないのだ。


「尖閣は安保対象」というだけで米軍が助けに来ると思う日本の能天気さは
アーミテージの言から明らかであり、これは日米安保条約に則っているのだ。


2010年10月3日付産経ニュースで尖閣防衛の日米統合演習計画発表があった。

第1段階「日米両軍で制空権、制海権を瞬時に確保」

第2段階「空挺部隊が尖閣諸島に降下し、投降しない中国軍を殲滅」

これなど全く机上の空論なのだ。


大体日米両軍で制空権、制海権を瞬時に確保はありえない。


実際中国の「80の中・短弾道弾、350のクルーズ・ミサイルで在日米軍基地を破壊できる」

嘉手納、横田、三沢基地瞬時に破壊できる。飛行場失う空軍が
どうして瞬時に制空権確保できるのか?

日本潜水艦12隻、中国50−60隻、どうして瞬時に制海権を確保できるのか?


尖閣諸島を守る行動は必然的に多大の被害を米国にもたらす。


だから米国は尖閣諸島など守る価値ないと判断するだけだ。


尖閣諸島の防衛は日本が独自に自力で行なう以外なしで、
まさにそれは日本の責任分野である。

そして守り切れなければ米国の出番などない。


アーミテージはよく言ってくれた!

孫崎享 (元イラン大使 元防衛大学教授)」
http://www.melma.com/backnumber_133212_5073523/




★【驚愕の真実】 日米安保はアテにならない ! 【マスコミに騙されるな !】


日米安保第五条の規定とは。本当に米軍は日本を守るのか?

本当に米は尖閣が日本の領土と認定しているのか?

5/11岡田前外相は、日本防衛に対してどのように答えたか。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


>日米安保第五条の規定とは。本当に米軍は日本を守るのか?

(参考)
日米安保条約
第五条
 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、
いずれか一方に対する武力攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、
自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように
行動することを宜言{宜はママ}する。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19600119.T1J.html


>自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動する
  ↑
ここがポイント。

つまり、アメリカの憲法に従って行動するという事。

つまり、

日本が攻撃されても、それが米国の国益に成らなかったなら
米軍は行動をしなくても条約違反にはならないという事である。


更に、条約では、日本の領土問題は日本で解決しろと成っているらしい。

つまり、今発生している尖閣の問題についても、
支那が攻撃して来ても米軍は動かないという事。


これらの事実を知ったらならば、

 日米安保なんかとっとと破棄して核武装しろ

という結論に行き着くであろう。


        詳細は動画で
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://iwakamiyasumi.com/archives/3556

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---

My Blog
http://soumoukukki.at.webry.info/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メール転載しました。


結局、アメリカだって「自国の国益が一番」、それが世界の常識なんだから。


自分の国を守るのは自国民だけ。


だから、国防は最大の福祉。


他国に侵略された国の国民の福祉って何ですかってこと。

他国に侵略させない抑止力を持つことが「最大の福祉」。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本を蝕む内なる敵を斬る! 教育・宗教編
『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』(2004年発刊)から、日本を蝕む内なる敵を斬る!マスコミ編、官僚編につづき、今回は教育・宗教編を紹介しよう。 ...続きを見る
風林火山
2011/02/13 13:51
”PRIDE” 運命の瞬間
大変貴重な動画が Youtube に登場した。映画、『プライド 運命の瞬間』だ。 ...続きを見る
風林火山
2011/02/15 22:07
What the hell is going on ? 中韓を知りすぎた男
今、いったい何か起きているのか? ...続きを見る
風林火山
2011/02/19 00:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国は自国の国益に反してまで尖閣で軍事行動するわけがない。 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる