黒猫通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 参議院予算委員会を与党民主党が審議拒否

<<   作成日時 : 2011/03/03 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

驚きました。

与党の民主党が参院、予算案、審議拒否です。


予算関連法案は、予算本体とは切り離して処理していくことも確定。


予算案が衆院通過 小沢系16人が“造反”

・・・予算案は憲法の規定により、参院送付後30日で自然成立するため、年度内成立が確定した。

ただ、与党は、赤字公債発行のための特例公債法案など予算執行の裏付けとなる予算関連法案の衆院通過を遅らせる方針をとっている。

関連法案は参院で否決される見通しだが、与党は衆院での再可決に必要な3分の2以上の議席を確保できていない。

産経ニュース 2011.3.1 03:54
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110301/stt11030103560002-n1.htm



つまりは、予算本体=「欲しいものリスト」だけを成立させて、

欲しいものを買うための「財源」についての「予算関連法案」は通す気なし。という事ですか。


いやはや、「欲しいものを言うだけ」なら誰でもできるんですが。

わたしだって、家が欲しいですし、それがいくらするか、必要な金額も言えますよ。

でも、それだけじゃ家は買えません。
買うにはお金がいりますから。

私のパート時間も増やす必要があるかもしれません。
もちろん、一括なんかでは買えませんから、銀行でローンを組まなくてはなりません。

でも、そういう実際の予算に「関連」した収入の事に関しては、分けて予算を出すって、何ですか?

意味がわかりません。
一緒に議論しないと、意味がないでしょ。

欲しいものだけ言って、買うための金の工面については「知りません」ですか。

馬鹿ですか。マジで、民主党議員って、無能な上に、無責任なド馬鹿ですね。

無い袖をどうやって振るんですか。
大馬鹿ですね、民主党議員って、本当に超無責任で、超無能な大馬鹿なんですね。

なのに、なんで、そんなに自分が頭が良いみたいにふんぞり返っていられるんですか。
信じられません。
どうしたら、そんなに恥知らずになれるのですか。

こんなに無能で無責任で何の対応能力もないのに、しかも、それが全世界的に周知の事実になっているのに、
だから国債の格付けも落とされるのに、どうして、それを自分達のせいだと、恥だと認識できないのか。

現実認識能力に本当に欠けているのですね。
左の皆さんは、現実逃避が得意ですが、ここまで来ると、もうビョーキですね。

早く議員を辞めて、病院にでも一生、入ったらよいと思います。

もう民主党議員なんて、二度と顔も見たくありません。

3歳の子供でも、「欲しい物を言うだけ」なら、無料でやってくれますが。
それを、税金で何億円も給料を貰って言うって、どんだけ馬鹿にしているのか、納税者を。


YouTube - 西田昌司「民主党よ、審議拒否をするな!」

http://www.youtube.com/watch?v=OcTQ8qZhJbU&feature=player_embedded


例によって、新聞もテレビも、あまり報道しないので、知らない人は知りません。

報道していても、どうも、正しくなかったりします。だって、マスゴミですから。



予算案、3日の参院審議入り見送り 与野党協議決裂
2011/3/2 21:06

2011年度予算案の参院審議を巡る2日の与野党協議が決裂し、当初予定していた3日からの審議入りは見送りとなった。

 民主、自民両党の参院予算委員会の筆頭理事は2日、菅直人首相と全閣僚が出席する基本的質疑を3、4両日に開く方向で協議を続けたが、質疑時間の割り当てを巡って調整が難航。民主党が日程を確定させる理事懇談会を開かないことを自民党に通知した。

 野党側は枝野幸男官房長官が予算案と予算関連法案の採決を分離したことを「一般的」と発言したことを批判。枝野長官が2日の議運委理事会で陳謝する一幕もあった。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2E0E2E1EB8DE2E0E2E1E0E2E3E38297EAE2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000



上記の動画や、参院の自民、公明両党が緊急記者会見のテープ起こしを見てみますと、


与党の参院予算委「審議拒否」に関する自公緊急記者会見


・・・■脇雅史・自民国対委員長 

驚くべきことが、まさに憲政史上初めてでしょうけど、与党による予算審議の拒否、審議放棄という考えられないことが起こってしまった。

簡単に経緯を申し上げると、本日、予算案を衆院から(参院が)受けて、受け取るかどうかという話があったが、これは議会運営委員会の調整で1時半の段階で西岡武夫参院議長が受け取った。

それを受けて、予算委で与野党協議を始めた。ずっと協議をしていたが、十分な審議をするのが熟議国会。われわれは十分な審議時間を野党にいただきたいとお願いをした。

・・・筆頭間で時間調整できない限り、開けないというのが民主党の意見だった。

われわれとしては野党間で協議して、先の臨時国会の時間だけは最低限確保してくださいという野党共通のお願いで前田予算委員長(民主党)に申し入れた。前田委員長の裁きに従うということで提案した。

6時過ぎになって、いきなり7時前に民主党側がみんな帰ったとの情報があり、国対委員長同士で話をしたが、もう辞めたといって話ができない状態になった。

・・・7時20分に、もう一回理事懇を開きたいという要望が羽田雄一郎・民主党参院国対委員長からあり、応じてみんな待っていた。

7時20分に委員長室に集まったが、民主党が現れない。7時40分ごろになって、「申し訳ないけどやっぱり止めた」と通知が私のところに国対委員長からあった。

誠に驚くべき経緯だが、辞めた理由はなにも言わないので分からない。「誰の判断か」と聞いたところ、「参院民主党としての判断だ」という。

・・・枝野氏からもその後連絡はないので、全く分からないが、およそ政府が立法府に対して予算の審議をお願いするという中で、自分から放棄して審議しないということなので、理由をひっくるめて全く分からない。


■魚住公明国対委員長 

脇氏説明の経緯そのもので、誠に遺憾とするしかない。

(予算案の)受け取り日についてはいろいろ議論があったが、(予算案の自然成立まで)30日というタイムリミットがある。無為な1日を与党の都合でつぶすのはとんでもない。

野党の審議権を否定するような参院民主党であると指摘したい。


■自民・衛藤晟一予算筆頭理事

筆頭同士で相当詰めたが、当初は酷い案だったが、少しずつ詰まっていた。

とにかく与党から審議拒否というか、審議をつぶすというのはもう信じられない


■公明・加藤修一理事 

憲政史上初ではないかなという話があったが、まさにそういうこと。
良識の府と言われている参院で、まさかという思いがする


脇氏 

質疑時間はずっと交渉してきたが、筆頭理事間で合意できないから、つまり筆頭間に合意できるだけの余裕を与えられていなかった。

お互いに時間調整することができなかったので、われわれの方で私は国対委員長として引き受けて、野党間の合意をいただいて委員長に調整をお願いすることで、委員長も合意してくれたが、その段階で民主党が審議を放棄した

時間が折り合わなかったからということではないと思っている。
われわれはすべて民主党委員長にゆだねたから、途中経過として折り合わなかったのは事実だが、それが原因とは考えられない。

たかだか5分とか10分のやりとりの話で審議そのものを放棄するのはあり得ない話だ。
とんでもないことだ。
われわれもそのことで審議放棄をしようと思わないから、お互いのメンツを保った上で委員長にその裁定をお願いした。


衛藤氏 

結果から見ると、与党が審議させないという挙に出ようとしている。前代未聞だ。

与党自身が審議拒否というよりも、審議の場をつぶしていこうとしているから。
議会制民主主義に対するまさに冒涜だ。


脇氏 

真摯に国会をやろうとする態度が見えない。
総理が熟議の国会といっている意味をどう考えているのか。

私自身の思いとしてはこんな政府、国会であれば、意味がないから即座に退陣していただくしかない。
民主党政権はもはや統治能力を失っていて、国会審議も開けないような状況であれば、解散していただくしかないと思っている。

そうはいっても、予算そのものを放り投げてというわけにもいかないから、期日があるものをいわゆる日切れ案の処理も、暫定予算でも作って、もはや審議を待たずに解散してしまうしかないという思いすらする。

しかしわれわれは、予算委員会で審議はしっかりしたいから、短気を起こして解散すればいいという政局に持って行くのが目的ではないので、そこは我慢しながら必要な審議を尽くしたい。(了)



…まあ、民主党側は、これもみんな野党が悪いと言ってくるのでしょうが、
自分たちの不祥事や不手際を追及されるのから逃げた、という印象がありますね。
なんか小学生みたいな政権だと感じます。

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2178570/allcmt/#C2055305



テレビばかり見ていると、馬鹿になると言うのは本当ですね。

「ネットは閉ざされている」とか、「ネットは嘘ばっかり」とか言う人って、馬鹿ですね。


それを言うなら、テレビや新聞だって、嘘ばかりです。

「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」なんていうのを書いて広めたのは朝日新聞です。

「北朝鮮の拉致問題は右翼のでっち上げだ」と書いていたのも朝日新聞です。



「KARAが流行っている」なんて、どこの日本ですか。

「在日だけでしょ。」って、この間も、普通のママ友が言ってました。

「電通とかのヤラセでしょ」なんていうママもいて、「わぁ、よく知ってるね」と。


「普通の人」でもわかっているのに。

つまりは、そんなことも分からない、本物の馬鹿だけを相手にテレビは放映されているんですね。


しかも、テレビや新聞は、ほとんど一方通行です。

視聴者が見たいと思う、知りたいと思う情報を教えてくれるとは限りません。

っていうか、知りたいことを報道してくれないことも多々あります。

通名報道とか、なんなんですかね。


でも、ネットは検索さえすれば、必ず、といっていいほど、知りたいことについての詳しい情報を得ることができます。
いつでも。

ま、中国のネットじゃ無理かもしれないけどね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
凶悪事件は尽きないが、日本の総理大臣交代し過ぎの理由。
民主党政権で何かが狂ってしまった現代社会・・毎日のようにニュース報道で流れる凶悪事 ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・...
2011/03/04 10:33
オークリー
参議院予算委員会を与党民主党が審議拒否 黒猫通信/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/05 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参議院予算委員会を与党民主党が審議拒否 黒猫通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる