マッカーサーの証言

朝鮮戦争の時、
マッカーサー元帥が総司令官を解任されたことは
「朝鮮戦争の意味」という前回のブログでご存知のことと思います。

さて次は、そのマッカーサーがアメリカの上院議会で行った、
大東亜戦争についての証言を、
前回と同じく、渡部昇一さんの
「中国・韓国人に教えてあげたい本当の近現代史」
より抜粋して、ここに記載させていただきます。

一人でも多くの日本人にこの事実を知っていただきたいと思うからです。



さて、本国に呼び戻されたマッカーサーはどうなったか。

昭和26年5月3日、乗員軍事外交合同委員会に召喚され、
大東亜戦争に突入した日本について証言を求められています。

そのときの議会証言がきわめて重要で、
これこそが私がこの10年くらい繰り返してやまないポイントです。

ようやく最近、雑誌「正論」がこの「マッカーサー米議会証言録」全文の
連載をするようになりましたが、
そこでマッカーサーはこんな証言をしています。

 日本は八千万に近い厖大な人口を抱え、それが四つの島の中に
 ひしめいているのだということを
 理解していただかなくてはなりません。

 その半分近くが農業人口で、
 後の半分が工業生産に従事していました。   
 潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、
 私がこれまで接したいずれにも劣らぬ優秀なものです。

 歴史上のどの時点においてか、日本の労働者は、
 人間は怠けているよりも、
 働き、生産しているときのほうがより幸福なのだということ、
 つまりは労働の尊厳と呼んでよいようなものを発見していたのです。

 これほど巨大な労働能力を持っているということは、
 彼らには何か働くための材料が必要だということを意味します。

 彼らは工場を建築し、労働力を有していました。
 しかし、彼らには手を加えるべき原料を得ることができませんでした。

 日本には絹産業以外には、固有の産物はほとんど何もないのです。

 彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出がない、錫が無い、
 ゴムがない。
 その他実に多くの原料が欠如している。

 そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。

 もしこれらの原料の供給を断ち切られたなら、
 一千万から一千二百万の失業者が発生するであろうことを
 彼らは恐れていました。

 したがって彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、
 大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。

さらにマッカーサー元帥はこう発言しています。

 太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の政治的過ちは
 共産主義者を中国において強大にさせたことだと私は考える。

この言葉こそ、朝鮮戦争を戦ってみて骨身に沁みた
マッカーサーの実感であり、
東京裁判は誤りだったという反省の表れでした。

・・・・・・・

これはすべての日本人が聞きたかった言葉でした。
ところが、どのマスコミもこの言葉を報道しませんでした。
朝日新聞もNHKも報道していません。

・・・・・・・

日本人全員がこのマッカーサー発言を知るようになれば、
日本の雰囲気はがらりと一変します。

日本人としての誇りも甦ることでしょう。

そうなれば中国や韓国、北朝鮮にゆすられることもなくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック