二階俊博って、どこの国の人ですか?


二階俊博をネットで検索してみると、
まずはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E4%BF%8A%E5%8D%9A

すると、やっぱり疑惑の人。

親中派

親中派の有力議員の1人である。
「北京オリンピックを支援する議員の会」所属。

まだ保守新党が存続していた時代、
地元の田辺市の新庄総合公園に
江沢民が自筆で書いた「登高望遠睦隣友好」の文字と、
自身も参加した2000年の日中文化観光交流使節団に対して
江が発表した重要講話を刻んだ
日中国交正常化30周年記念碑の建立を計画し、
全国各地にも同様の石碑を建立する心算であったが、
地元の抵抗等もあって頓挫した。


ありがとう!
よく抗議してくれました。

新幹線の中国への輸出に関し、
訪中時に新幹線担当の曽培炎国家発展計画委員会主任(大臣)、
さらに陳健中国大使に対し、
「日本は、中国から文化を教わり、その延長線上に今日の日本の繁栄がある。
そのなかから、たまたま新幹線の技術を開発した。
(中略)この技術が中国の発展にもしお役にたつならば、
どうぞ一つお使いください。積極的に協力します」と発言した。


東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、
麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、
この「日本の対応に“こそ”問題がある」、
「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた


キャー
早く逮捕してー

さらにさらに、

グリーンピア南紀

グリーンピア南紀(和歌山県)の跡地開発をめぐり、
所有する那智勝浦町に中華人民共和国のリゾート会社『香港BOAO』を紹介したのは、
地元政界に強い影響力を持つ二階だと報じられている。

跡地は賃貸後の2015年に無料で業者へ譲渡されるという異例の契約となっており、
地元で批判が高まっている。
グリーンピア跡地の大半が公募で請負先を決めている中では異例だった。

その後、資金難を理由に開発計画を先延ばししようとした
ペーパーカンパニーの疑いが濃い香港BOAOに対して
那智勝浦町議会は、債務不履行を理由に契約解除を決めたが、
違約金等で長引く可能性があり、
そもそもこのような会社を紹介し、
圧力をかけた二階氏に対する疑問の声は地元ですら多い。

香港BOAO側も那智勝浦町長も二階氏に紹介されたと証言しており、
自分は関係ないとする二階氏の態度に疑問がもたれている



この人、何なの?

本当に日本人?

日本のために政治してる?

それとも、中国のために政治してんの?

日本国民の収めた税金からお給料貰ってるんだから、
日本のために政治しろよ。

中国だったら、二階俊博はさしずめ国家反逆罪だ。

西松献金「二階氏ルート」与党懸念、捜査なら政権ダメージ
3月7日23時33分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00001086-yom-pol

なんて報道するけど
私としては全然、ダメージないと思う。
っていうか、どんどん逮捕していこう、こういう輩は。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック