日本もスイスのようになってほしい。


北朝鮮からミサイルが飛んでくると言う。

日本は、これを迎撃すると初めて明言した。
これは評価できると思う。

これを機に、日本は、
有事と言うのが決して夢物語ではなく、
現実にある、そこにある危機だ
ということを、国民もしっかり認識するべきだと思う。

私は、日本はスイスのような国になるべきだと思う。

スイス 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9

安全保障

スイスは武力によって永世中立を維持してきた重武装の国家として知られる。

正規軍は近代的で高度な装備を有する

同時に多数の成人男子が予備役もしくは民間防衛隊(民兵)として有事に備えている

軍事基地が高い密度で存在する上、
岩山をくりぬいて建設されるなど高度に要塞化されており、
主要な一般道路には戦車侵入防止の為の装置や、
小屋に擬装したトーチカが常設してある。

国民皆兵を国是としており、徴兵制度を採用している。

20-30歳の男子に兵役の義務があり女子は任意である。

スイスの男性の大多数は予備役軍人であるため、
各家庭には突撃銃自動小銃(将校等は自動拳銃も含む)が支給され、
各自で保管している。
かつては弾薬も各自で保管していたが、
2007年9月より安全上の理由によって、これらは回収され軍が管理するようになった。

対戦車火器や迫撃砲など、
より大型の武器は地区単位で設置されている武器庫に収められている。
これらの支給火器が犯罪に用いられることはごく稀である。

近年、国際貢献を前提とした軍のプロフェッショナル化のため、
徴兵制を廃止する法案が3回、国民投票にかけられたが、いずれも否決
されている。

政府によってスイスの一般家庭に配布された
小冊子『民間防衛』の内容からもうかがい知れるように
スイス国民はあまねく有事に備えている

政府が食糧を数年分貯蔵していたり、
学校にも緊急避難用のシェルターが装備されている。

スイス軍は陸軍のみであるが、
航空隊(空軍)、船舶部隊(水軍・海軍とも呼ばれる)も保有する。

第二次世界大戦中における航空隊は
中立義務を果たすため領空を侵犯する航空機を
連合国側・枢軸国側を問わず迎撃した。

船舶部隊は主に国境をなすレマン湖(ジュネーヴ湖)と
コンスタンス湖(ボーデン湖)に配置されている。

10から20隻の哨戒艇が主力であるが、
有事の際はライン川を遡行する大型商船を徴用し、
武装する予定となっている。

軍事的な自立を高める為に兵器の国産化にも熱心である。

かつては戦車や航空機も国産していたが
多くの国と同じように開発費用の高騰で断念した。

一方で小火器や装甲車は依然として高い国際競争力を持ち
世界中に輸出
されている。

銃器のシグ社製品やピラーニャ装甲車等が有名。

国防の基本戦略は、
敵国にとって仮に侵略が不可能でないとしても、
侵略のメリットよりも損害の方が大きくなるようにすることにある


2002年の国連加盟後もこの基本戦略は変わっていない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック