疑惑噴出の「陸山会」


今日のBIGLOBEニュースからです。

疑惑噴出の「陸山会」 不透明な不動産取得…政治マネーの窓口
http://news.biglobe.ne.jp/social/san_090305_2627277078.html


小沢氏が故金丸信元自民党副総裁から政界引退時に引き継いだものは
西松建設との親密な関係だけではなかった。

故福田赳夫内閣で防衛庁長官を務め、
「防衛族」の実力者として知られた金丸氏から、
利権あさりの拠点とされたシンクタンク「日本戦略研究センター」も譲り受けるなど、
防衛利権も継承した。


19年には、前防衛次官の守屋武昌被告(64)=控訴中=による汚職事件で、
元役員が贈賄容疑で逮捕された防衛専門商社「山田洋行」からも、
7~11年の間、毎年50万円計250万円の献金が陸山会にわたっていたことが明るみに出ている。

陸山会の名前がこれまでで最も注目されたのが、19年の「不動産問題」だ。

 陸山会は、都内などに計13件で総額約10億2000万円にのぼる
不動産を購入していたことが、政治資金収支報告書で発覚。

政治資金規正法は、政治資金の運用を預金や国債など3項目に限定し、
それ以外の運用を禁じている。

同法の規制の“穴”をかいくぐってきた陸山会は、
常に小沢氏の金権政治疑惑の中枢にある、まさにいわくつきの政治団体だった。



これを期に小沢一郎の疑惑を徹底的に追及してください!!!!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック