やっぱり偏向、共同通信。


昨日(2009年4月21日)の共同通信の記事に、

麻生さんの靖国神社への真榊の奉納について
「内閣総理大臣」の肩書きで奉納した、
中国や韓国が非難するかも・・・・

みたいな記事が書かれていたことは、
昨日の私のブログにも書いたけど、

実際の記事↓

首相が靖国に供物奉納

2009年4月21日(火)13時20分配信 共同通信
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2009042101000384/1.htm

麻生太郎首相が21日から始まった靖国神社の春季例大祭に合わせて
「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納していたことが同日、分かった。
現職首相の靖国への供物奉納は、07年4月当時の安倍晋三首相が行って以来。
首相は29、30日に中国訪問し首脳会談を予定しており、
訪中直前に発覚したことで中国側が反発することも予想される。
韓国も懸念を表明する可能性がある。


これって、意図的に?、
「私費(ポケットマネー)」で奉納したこと、
を抜かして記事にしている。

わざとか、わざとなのか。

他の報道各社は、みんな「私費」で奉納したと記事にしっかり書いている。
フェアだ。
例えば、毎日だって、「私費で」とちゃんと書いてる。


<靖国神社奉納>麻生首相が私費で真榊
毎日新聞(04月21日21時20分)

 麻生太郎首相は21日から始まった靖国神社の春季例大祭に合わせ、
祭壇などに供える「真榊(まさかき)」を私費で奉納した。

首相は同日夜、
昨年10月も納めた。国のために尊い命を投げ出した人に
感謝、敬意を表するものだと思う
」と述べ、
昨年の秋季例大祭の際にも奉納していたことを明らかにした。
首相官邸で記者団に語った。

 29、30日には日中首脳会談が予定されているが、
首相は「未来志向でやっていくと言ってきた。歴史を直視してとも言ってきた。
今まで通りだ」と述べ、影響はないとした。
首相在任中に靖国神社を参拝するかどうかは「適切に判断する」と語るにとどめた。

 靖国神社によると、供え物はサカキの鉢植え1基で、金額は5万円。
真榊には「内閣総理大臣 麻生太郎」と書かれた木札が付けられているという。

 現職首相としては中曽根康弘元首相が二十数年前に真榊を奉納したほか、
07年4月には安倍晋三元首相も奉納した。【念佛明奈】



麻生さん、負けないで!!
頑張ってね。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック