フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)、クライスラーにも急加速の報告あり

トヨタ叩きは米国の“謀略”
フォードにも多い苦情
(週刊朝日 2010年03月12日号配信掲載) 2010年3月4日(木)配信
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100304-02/1.htm

・・・企業の危機管理を専門とする元帝京大学教授の宮崎貞至氏は、
今回のトヨタ騒動にまつわる情報を精査し、こう指摘する。

近年の苦情総件数をみる限り、
米国のフォードのほうがトヨタよりも多い
とみられる。

ここには急加速についてのものも含まれる

また、ゼネラル・モーターズ(GM)やクライスラーにも急加速の報告があり、
現に訴訟になっている例もみられる


急加速の問題はトヨタだけでなく、全メーカーに共通する課題です。

にもかかわらず、トヨタだけがやり玉に挙げられている。

公聴会が開かれたのもトヨタに対してだけ
まるで狙い撃ちで、アンフェアと言う以外にありません」

 宮崎氏の発言を裏付けるデータも存在する。

 フォード 2806件
 トヨタ  2515件
 GM   1192件


 これは、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)のデータで、
04~09年の間、政府に寄せられた苦情件数
を示している。

トヨタよりフォードへの苦情件数のほうが多いのである。

 また、米国で消費者向けに発行されている「コンシューマー・リポート」誌は
NHTSAのデータを基に、08年以降の急加速に関する
フォードへの苦情件数が結構多いことを指摘
している。

・・・「今回の騒動は、米ソ冷戦後に登場した90年代のクリントン政権
日本とドイツを仮想敵国と位置付け
日本の半導体覇権をつぶそうと動いた
こととよく似ている


今度は自動車覇権を絶対に日本に渡さないということではないか。

国防総省、運輸省、自動車会社など、軍産複合体の共謀による
日本製造業つぶしと見たほうがいいように思われます」

 政治・経済的な要因がトヨタ・バッシングを招いたというのだ。

確かに、今回の騒動の発端となった昨年8月の
レクサス暴走事故の原因は不可解なことにいまなお不明のまま
だ。

(参考記事↓)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レクサス、「急加速」なく使用 現在の所有者に確認

 【ニューヨーク共同】
23日の米下院公聴会で恐怖の「急加速」体験が披露されたトヨタ自動車の
「レクサスES350」が、目立ったトラブルもなく現在も使用されている
ことが
24日分かった。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が伝えた。

 米道路交通安全局(NHTSA)が現在の所有者に確認したところ、
3千マイルの走行距離で購入後、2万7千マイルに達したが
これまでに大きいトラブルを起こしていない
という。

 23日の下院公聴会に出席した米テネシー州に住むスミス夫妻は、
保有していたレクサスES350を2006年に運転中、
車が勝手に加速して時速160キロに達する恐怖の体験をしたと涙ながらに証言


この経験の後で車は売却したという。

2010/02/25 12:17 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022501000403.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・03年のイラク戦争では、
大量破壊兵器があるという口実で戦争を始めたのに、
結局なかったことを後で認めている


また、フセイン大統領の像がイラク国民たちによって引き倒される映像が
全世界に流され、フセイン体制崩壊を印象づけたことでも、
この「イラク国民」が現地の米特殊部隊員だったという説が出ている


さらに、米軍発の記事をイラクの地元紙に持ち込み、
現地世論を誘導する役割を担った広告会社の存在も明らかに
なった


その12年ほど前の湾岸戦争でも、身分を偽った看護師が、
フセインが子供たちを虐殺したと米公聴会で証言し、
世論形成をはかった
という指摘がある


古くは太平洋戦争の端緒となった真珠湾攻撃も、
米国は事前に日本側の暗号を解読していながら、
わざと日本側に奇襲させ、正当性をアピールし、
国民を鼓舞しようとしたという説が根強い。

論争はあっても、同じような例はまだまだある。

・・・電磁波の影響などを専門とする北海道大学大学院の野島俊雄教授の見方・・・

電子システムが強い電磁波の影響を受けるのは事実です。
実際、いまは使われてはいないタイプの携帯電話の電波で
自動車の電子制御が誤作動するケースは外国車では見られました


・・・電磁波が車を誤作動させるといえば、携帯電話の取扱説明書や
ホームページの警告
をご存じだろうか。

たとえばNTTドコモはこう明記している。

自動車内で使用する場合、
まれに車載電子搭載機器に影響を与える場合があります


・・・・・

トヨタの米国でのリコール問題の主な経緯

2007年
9月26日 米国でアクセルペダルがフロアマットに引っかかるおそれで
「レクサスES350」など2車種約5.5万台のリコールを発表

2009年

8月28日
米カリフォルニア州で「レクサスES350」が暴走して事故。
4人が死亡した。米メディアのトヨタ批判に火がつく

9月29日
米国で「カムリ」「プリウス」「レクサス」など7車種について、
フロアマットの問題があると発表。後にリコールとなり、
対象は約426万台にふくらむ。
ラフッド米運輸長官が「緊急事態だ」と異例のコメント

2010年

1月21日
アクセルペダルに不具合があるとして、
米国で「カローラ」など8車種約230万台のリコールを発表

27日
フロアマットの問題で、新たに米国で5車種計約109万台を追加リコール

2月3日
ハイブリッド車「プリウス」のブレーキが利きにくいとする苦情が
日米で相次いでいることが発覚

ラフッド米運輸長官がリコール車の保有者に対して、
「運転をやめるべきだ」と発言。

夜には豊田章男社長に異例の電話

4日
米当局がブレーキの問題について、本格的な調査を始めたと発表

5日
豊田社長が会見し、米当局の指導に対し、「真摯に全面的に協力」と語る

9日
米当局が、「カローラ」が走行中に予想外に
左右に向きを変えるとする苦情に対して本格調査を検討と報じられる

23日
米下院のエネルギー商業委員会の公聴会に、
トヨタ米販売子会社のレンツ社長が出席

24日
米下院の監督・政府改革委員会の公聴会に、豊田社長が出席

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


車の中で携帯電話使うと、電子系統に異常がおこるかもしれない、
なんて、今まで聞いたこともなかったよ。

それにしても、米国って、
国益に適う自国の(不正?)行為に「正当性」を持たせるために、
結構、政府もマスコミも、まさに「国を挙げて」
「捏造」チックなこともしちゃう国なんだなぁ、って
ちょっと再確認、しちゃった。

で、日本は、といえば、これに対して、
なんら政府としては対応していないように見受けられるが、
トヨタが嫌いなのかな、この政府は。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中古車買取り

    Excerpt: 中古車買取りを紹介します Weblog: 中古車買取り racked: 2010-06-07 22:23