昭和の日は昭和天皇の誕生日


4月29日は、もともと昭和の時代には「天皇誕生日」という祝日だった

それが、昭和64年(1989)1月7日に昭和天皇が崩御されたことを受けて

年号が平成に改まり、

「天皇誕生日」も平成元年(1989)から「みどりの日」となりました


「天皇誕生日」は今の天皇陛下のお誕生日である12月23日となり

4月29日は昭和天皇が自然を愛したことにちなんで、
平成元年から「みどりの日」と名称を変えて祝日として存続
しました。


自然をこよなく愛された昭和天皇は、「全国植樹祭」にも必ずご臨席になり、
ご自身の手により植樹をされてきました。

その伝統は、今の天皇陛下に受け継がれています。


平成17年に国会で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が改正

平成19年(2007)より「昭和の日」とすることになった。


「みどりの日」は5月4日に移動して存続しています。



「文化の日」にあたる11月3日は、明治天皇のお誕生日であり、

戦前には「明治節」(明治時代には天長節)という祝日でした。

国民の声により昭和2年(1927)に「明治節」として祝日と定められ、
国民に親しまれてきました


(以上は http://www.429jp.info/about_429/ を参照)



「天長節」とは、その時代の天皇誕生日のこと

昭和初期(当時は昭和天皇の誕生日4月29日が天長節だった)、

偉大なる明治天皇の誕生日を祝おうということになり、
「明治節」という祝日ができた



文化の日の11月3日は、1946年(昭和21年)のこの日に
日本国憲法が公布されたことを記念して定められた



1948年(昭和23年)までは「明治節」といい、
明治天皇の誕生日を祝った祝日であった


さらに、明治時代は「天長節」と呼ばれていた


それが、第二次世界大戦の終戦後、1946(昭和21)年のこの日に
現在施行されている日本国憲法が公布されたので、
「憲法記念日」にしようという案が出された


「明治節」を別の名称で祝うというのは軍国主義の復活につながるのではないか、
と連合国側から反対され

「憲法記念日」は新憲法の施行日の5月3日に制定された


しかし、この意見に反論をした議員もいた

アメリカは独立宣言をした日を独立記念日としているではないか」と言い出した。

その結果、11月3日を「文化の日」と言う名前で、1948年から記念日にすることになった


この時に反論をした議員とは、
「路傍の石」などの作品でも有名な作家の山本有三
であった。

文化の日には皇居で文化勲章の授与式が行われる。


(以上は http://tisen.jp/tisenwiki/index.php?%CA%B8%B2%BD%A4%CE%C6%FC を参考)






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「昭和の日」

    Excerpt:  4月29日が「昭和の日」と呼ばれるようになったことをすっかり忘れていた、と言う Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記 racked: 2010-04-29 18:51
  •  3 天皇  (3)

    Excerpt:       ブログ小説                 夕陽・少年隊       Weblog: ブログ人 racked: 2010-05-03 03:05