たちあがれ日本、応援するよ。

たちあがれ日本の候補者たち。




この動画には出てないけど、中山成彬さんも立候補するね。


で、中山恭子参議院幹事長も入党したね。




たちあがれ日本のいいところは、

簡単に言うと、安心できるとこころ。


売国奴がいない。




選挙の争点は、消費税なんかじゃないよ。



日本を愛しているか、愛していないか。





民主党のように「国家を解体」したいと思っているのか、

それとも、この国を守りたいと思ってるか。



民主党のように、日本で「文化大革命」を起こしたいと思っているのか、

それとも、この自由で、豊かで、安全な日本を子孫に渡したいと思っているのか。





支持母体に怪しい労働組合や、外国人団体がないかどうか。



例えば、民主党における、日教組とか、在日、韓国民団、自治労とか。



そういう支持母体の利益誘導をする政党なのかどうか。




こういうところが、選挙の争点。




そういう意味では、たちあがれ日本は、安心だと思う。



だって、あやしい支持母体がない。


だから、その視線は、日本の国民全体に向いている。




民主党に入れたときのように、後悔することはないと思う。




だって、「日本を解体」するような、

「革命政策を」することは絶対にない

という、安心感がある。



日本を、中国や、南北朝鮮、さらには米国に売り渡すような、

そういう「売国奴」が一人もいない、と言う、信頼感がある。




それは、どの人も、みんな日本が好きで、日本人が好きで、

この、日本を守りたい、という気持ちがあるから。



この、平和で、豊かで、安全で、自由な日本を、子孫に残したい、

そういう気持ちがあるから。



だから、安心。


 
そして、どの候補者も、みんな仲が良さそうだよね。




自民党でも、民主党でも、党内に派閥やグループがあって、


国民を無視した、権力闘争をして、


お互いに、足の引っ張り合いをしたり・・・・、



反小沢だとか、親小沢だとか、


あっちについたり、こっちについたり・・・・。


・・・滑稽だよね。


本当に、バカじゃないのって思うよ。




自分の出世が第一の、権力の亡者ばかり。



出世や「ポスト」のために、簡単に国民との約束を反故にしたり、

簡単に国民の声を無視する。




・・・そういうのは、もう、マジで、うんざり。



ただ、「日本のために」、

そういう政治家が、やることなら、安心できる。












民主党政権では日本が持たない
PHP研究所
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
歴史に残っても良い名 ...
「友愛」とはなんだっ ...
自信を持って、政権を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック