自衛隊員の服務の宣誓

ヒゲの隊長こと、佐藤正久参議院議員は、

今でも、『自衛官の宣誓書』を肌身離さず、持ち歩いているそうですが、

これは祖先が語り継いできた日本独自の伝統・文化をしっかりと守り、

先人たちの名に恥じぬように、精進することを自覚するためであろう。 


 自衛官は、「服務の宣誓」書に署名押印して服務の宣誓を行い、

初めて自衛官に任命されます。


 しかし、自衛官以外の防衛省の内部部局に勤務する職員(文官)は、

国家公務員I種試験の行政・法律・経済区分から採用される事務系職員
(いわゆる防衛キャリア)の場合は、

入省後5年間「防衛事務官」として勤務した後、

「防衛部員」に昇任することになっているが、

彼らが『服務の宣誓』書に署名押印しているかどうかは知らない。


事に臨んでは危険を顧みず身をもつて責務の完遂に務め、

もつて国民の負託にこたえるような場面に遭遇することは無いだろう。


 政治家も官僚も

事に臨んでは危険を顧みず身をもつて責務の完遂に務め、
もつて国民の負託にこたえる


という宣誓をすれば、もっと、日本国民の負託にこたえてくれるだろう。


YouTube - 自衛隊 服務の宣誓
http://www.youtube.com/watch?v=y9CfYUw0PAA


自衛隊法施行規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29F03101000040.html

・・・・・・・・・・・・・・



メール転載しました。


日本国民の自衛隊に対する評価の低さや天皇不要論などは、

日教組による洗脳の賜物でしょう。


戦後の公教育を受けた人は、ほとんどが、学校の先生から、


「天皇陛下は国民の税金で贅沢している」とか、

「専門のコックまでいる」とか

「大した仕事もしていないのに、別荘まである」とか、


そんな、子供が天皇に妬みを感じるようなことを教えられたり、


「先の大戦では、天皇のために死ぬことを国民は強制された」とか、

そんなことを教えられたんじゃないでしょうか。



そして「、日本は戦争を放棄したから自衛隊も必要ない」、とか、

だから自衛隊は不要だし、

戦争をする自衛隊を賄うために税金が使われている、とか。



・・・私はそういうような話を教えられました。


だから、私も、何も知らない馬鹿な子供の頃は、
先生の言うことが正しいんだろうと洗脳されていました。



私が中学3年生のとき、将来なりたい職業についての作文を書いたときに、


日本の国と国民を守るために、
人の役に立つために「自衛官になりたい」と書いた男の子がいました。



その男の子は、普通の農家の息子で、普段、特に目立つこともない、

勉強も普通にできて、運動も普通にできる、優しい普通の男の子でした。



その子の作文は、学校で問題になりました。

その男の子や親が、先生の呼び出されていたりしました。



私は、それが問題になっているという話を母から聞きました。



そして母は、「先生って、本当に馬鹿だねぇ」、って言っていました。


大人になって、何になろうが、その子の自由だろうが、

先生なんて、何の関係もないし、文句言う権利もないだろって。



そして、母は、自分が高校生のころの先生が、

(日教組の)組合のデモに出るからって、授業を自習にしたり、

創価学会の集会に出るからって、授業を自習にしたりしてた、

そんなことが、しょっちゅう あった。


先生たちに払っている給料のほうが、よっぽどもったいないわって、

公立の先生の給料だって、税金だわって、


本当に最低の人たちだった、そういう先生は大嫌いだったって

話してました。




私も、私の母も田舎育ちの田舎者ですし、

母は高卒ですが、大卒の先生より、断然まともだったなと思います。



その母が大嫌いだった、日教組を支持母体とするのが、
旧社会党左派議員が2/3を占めた民主党です。




そういえば、その男の子は、大人になって、フリーターになって、
沖縄でサーファーしていたとか聞きました。

今は子供が居るそうですが、離婚したというような話も聞きました。



自衛官より、フリーターのほうがいいんですね、日教組には。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 自衛隊員の服務の宣誓 黒猫通信/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 18:01
  • プラダ メンズ

    Excerpt: 自衛隊員の服務の宣誓 黒猫通信/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-09 23:49