民主党代表選、外国人の投票は憲法違反

民主党代表選】長尾一紘・中央大学法学部

「外国人の投票は憲法違反だ」
2010.9.6 00:14

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100906/stt1009060015000-n1.htm

在日外国人が参加できる民主党代表選は「違憲の疑いあり」ではなく、
はっきりと憲法違反だと言い切ってよい

現行憲法下の議院内閣制は、政党の存在を前提としている。

政党の党首の選挙は、衆参両院での首相指名選挙の前段階であり
一部分を構成している。


 代表選は実質的に首相選びに外国人が加わることになり、
外国人に参政権を与えるのと同じだ



国民主権と民主主義の立場からとても許されることではない


 政治資金規正法の趣旨に照らしても極めて重大な問題がある。

同法が外国人からの寄付受領を禁じているのは、
外国勢力の影響で日本の政治がゆがめられることを防ぐためだ

代表選への参加は寄付金よりも直接的で、
はるかに大きな影響力の行使を認めるものだ。


 「外国人は大きな割合を占めておらず影響は限定的だ」との議論があるとしたら
間違っている。

接戦になればわずかな票が全体の結果を決定する可能性があるからだ。

ある外国に財政の大部分を依存している外国人組織が、
意図的にメンバーを党員・サポーターにしていないと言い切れるのか。

その場合、その外国が首相の候補者選びに加わる図式となる。(談)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・。・ 民主党、最低。

外患誘致罪で全員、死刑でいい。


しかも、「マイ日本」の日記のコメントに、こんなものが・・・


(引用開始)

中国人のブログでも

//blog.sina.com.cn/s/blog_4cd1c1670100kbc5.html

「仰天! 日本は外国人が首相選挙の投票への参加を許可」の見出しで紹介。


中国語なので要訳すると:

・民主党の国会議員との夕食時、議員曰く「14日は仕事で留守にしないでしょ?」

 続けて「民主党の党首選に参加してもらいたい」と。

・「私のような外国人が何で民主党党首選=日本首相選挙に投票できるのか?」

・議員「だって、あなたは民主党のサポーターでしょ。」

・そういえば4年前、民主党の議員が記入してくれと用紙を持って来た

 曰く「民主党のサポーターになって欲しい」と。

・「中国国籍の私が民主党のサポーターになることなんて出来るの?」

・議員「外国人は党員にはなれないけど、外国人でもサポーターにはなれる」

・二千円払ってサポーターになった。

・今、サポーターにも党員同様の選挙権があると言われても半信半疑。
 日本では外国人に選挙権も被選挙権もないので
 毎回の選挙の際には傍観しているばかりなのに、
 事実上の日本国首相選挙に直接参加できるなんて???

・翌日、この議員が間違っていないことが証明された。

 保守色濃厚な産経が社説で
 「民主党のサポーターには外国人がいて、外国人サポーターも投票できるのは
  結果的に外国人の参政権を認めることとなり、明らかな違憲行為」

・外国人への参政権付与を党の目標に掲げる民主党は、
 サポーターも投票できることに変更は無いとしている。

・民主党にどれほどの外国人サポーターがいるのかわからないが、
 私は必ず投票する!


この記事のコメント欄には

「どうすればサポーターになれるの?」

中国人が大挙してサポーターになって、日本の政局を左右しよう」等、

ご想像通りのことが。。

孔子の子孫と名乗り日本で好き放題やっている輩のブログでは、
先の参議院選挙で「民主党に依頼され選挙応援活動」の記事も。


(引用終わり)



民主党、全員、外患誘致罪で死刑でも別に日本人、誰も困りません。

っていうか、権力を持った反日サヨクが一掃できて、うれしいです。







この記事へのコメント

通行人
2010年09月09日 06:03
後半の引用記事が微妙に間違っていて、外国人はサポーターだけでなく、党員にもなれるんですけどね。

本当に困った政党です。こんな国、世界にない。

この記事へのトラックバック

  • ついに中国の日本侵略が始まるのか

    Excerpt: 9月7日、日本の領土である尖閣諸島が中国船(工作船の可能性あり)による領海侵犯を受けたあげくに体当たり攻撃をされた事件で、中国政府は加害者であるにもかかわらず、理不尽にも日本政府に対して猛抗議を行った.. Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-12 12:06