戦時中に、徴用労務者として日本に来た朝鮮人の数は245人

高市早苗 朝鮮人強制連行説論破


これ、もう、ネットでは常識ですが、

戦時中に、徴用労務者としてとして日本に来た朝鮮人の数は245人。


国会衆議院外務委員会での高市さんの質疑、

そして、それに、無知で無能なために答えられない岡田。



見てない人は、どうぞ見てみて。



あと、産経だけがこれを報道したっていう、短い記事。

在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100311/plc1003111306007-n1.htm




あと、この話もネットでは有名だけど、反日朝日新聞が、
まともだった昭和34.7.13に書いた記事


在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道

http://www.youtube.com/watch?v=HPpgtn4Nbek

大半、自由意思で居住
外務省、在日朝鮮人で発表
戦時徴用は245人

 在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで
「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の
中傷を行なっているのに対し、
外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。

 これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが 、
このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。

主な内容は次の通り。

一、戦前(昭和14年)に 日本 内地 に住んでいた朝鮮人は約100万人で、
終戦直前には約200万人となった。

増加した100万人のうち70万人 は
自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、
その間の出生によるものである。 

残りの30万人は大 部分 、鉱工業、土木 事業 の 募集 に応じてきた者で、
戦時中の国民徴用令によるものはごく少数である。

(中略)

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、
個別引き上げで 合計 140万人が帰還した ほ か 、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の 指令 に 基づく
北朝鮮 引き 上げ 計画で350人が 帰還 する など、
終戦時までに 在日 していた者のうち75%が帰還している。

(中略) 

現在、登録されている在日朝鮮人は総計61 万 人 で、
関係各省で 来日 の 事情 を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、
現在日本に居住している者は、犯罪者を除き、
自由意志によって残留した者である。





それなのに、なぜ、今、こんなに在日朝鮮人が多いのか、というと、

それはウィキの「李承晩ライン」を見ると良く分かる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%89%BF%E6%99%A9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3



韓国が勝手に引いて、国際的にも非難された「李承晩ライン」、

それで日本漁船は国際的に「公海」とされている領域で、
たくさん漁船が拿捕されて、


日本人抑留者は3929人、拿捕された船舶数は328隻、
分かっているだけでも44人も日本人が殺され
た・・・



「抑留」っていうけど、つまりは「拉致」と同じで

3929人も日本人を「拉致」して、44人も日本人を殺してた、韓国政府は。


まるでテロ国家じゃないですか。



しかも、この「李承晩ライン」と、
拉致された日本人漁民の「返還」問題を解決するために、


日本政府は韓国政府の要求に応じて、


常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた
在日韓国・朝鮮人472人を収容所より放免して在留特別許可を与え、



さらに、韓国政府は日本人抑留者の返還と引き換えに、

日本政府が摘発した韓国人密入国者の
強制送還を拒否するとともに日本国内に解放するよう要求した
んです。



・・・まるでテロリストです。


「人質を解放する条件は、われわれの同志を刑務所から解放することだ」みたいな、


これって、まさにテロリストの要求と同じです。


韓国がテロ国家だという事実が、よく分かりました。




つまり、こうして、朝鮮半島からの密航者は日本国内に解放され、
今なお居座り続けているんです。



・・・な~にが、「強制連行」ですか。




こんなアホなこと、今はもう、
本当にアホで馬鹿で無知な人間しか信じてませんよ。



本当に、朝鮮半島人と反日サヨクは、捏造癖のある嘘つきばっかだね。


参政権付与よりも、帰国事業をもう一度。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 尖閣衝突事件 青山繁晴が語る 【動画保存・緊急拡散】

    Excerpt: 尖閣衝突事件に関して、関西テレビ「ニュースdeズバリ」で、安全保障のジャーナリスト青山繁晴氏が事件の背景を詳しく解説している動画を紹介しよう。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-23 13:27
  • 日本精神の要 靖国神社

    Excerpt: 過去十数年間、アジアとのビジネス経験から台湾、中国に関しては情報収集することが多かった。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-26 20:11
  • アジアの命運を握る台湾情勢

    Excerpt: 当ブログの前回の記事では、自虐史観から目覚めるキッカケとなった日本精神の復興と強い日本を待ち望んでいる台湾人の文献を紹介した。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-29 00:57