われらの祖父は貧しかった。しかし、高貴であった。

ポール・クローデルの日本観 ポール・クローデルは、大正10年から昭和2年まで、フランスの駐日大使を務めた人です。 姉が彫刻家のカミーユ・クローデルで、ロダンの弟子です。 姉を通じて、葛飾北斎や喜多川歌麿を知り、日本の芸術に惹かれていました。 外交官としては、アメリカ、清国、オーストリア、イタリア、ブラジル、デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more