日本の歴史とアイヌの歴史

水間条項の2/16のブログ
【オリンピック代表選手の品格とテレビの品位】
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

を読んでいたら、あのオリンピックの着崩した服装で物議を醸した、
国母和宏クン、彼は「北海道石狩の出身」だそうですね。

「東海大」と報道されるから、てっきり、東海地区の出身かと思っていました。

イメージって、恐いですね。

「東海大」は「東海大」でも「東海大学札幌キャンパス」の
「『国際文化学部』に所属している学生」だそうです。

いやぁ、勝手にイメージしちゃうん私がいけないんですが、
イメージって、本当に恐いですね。

道徳教育が嫌いな日教組が、
いまだに圧倒的力をもっている北海道教組の落とし子
というか


国母和宏君は、『日教組教育で立派に育った、日教組教育の見本』なのです。」
という一節には、とても説得力がありまして、なるほどと肯きました。

「ちっ、うるせーな」

「見てんじゃねぇーよ」

日教組発祥の地、北海道教組が、
15日公職選挙法違反で家宅捜索されたことと、
彼の非常識とは無関係ではないのです

という一節にも、肯きました。

北海道の教師が「法律、ルールくそ食らえ」なんですから、
それを見て、それを当然として、それを手本に育った国母クンは、
まさに北教組の鏡でしょうね。

北海道の教師を手本にすると、こういう人間に育ちます、という見本なんですね。


テレビで国母君を擁護している出演者は、
日教組の代弁者と見ると判りやすいでしょう
。」
という一節もありまして、

異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100217/stt1002170738001-n1.htm
という記事とあわせて、またまた深く肯きました(笑)。



ということで、北海道と聞いて、
私は昨日読んだ、「アイヌ」についてのメール記事を思い出しました。

先ほどのように、何事にも「イメージ」って、ありますよね。

事実をよく調べたこともないから、本当のところは知らないから、
誰かから聞いた(嘘かホントか分からない)話とか、

「私は関係者ですから、よく知ってます」みたいな人が話すことを
バカ正直に頭から「真実」だと思いこんで、

で、「なんとなく、そういう雰囲気」、みたいなイメージで理解してしまうことって
結構あると思います。


私にとっては、「アイヌ」も、そうです。 よく知らない。

彼らが「差別されていた」と言うから、まぁ、きっとそうなんだろう、って、
簡単にそう思うのが、大体、一般的な日本人だと思う。

「嘘付け、そんなこと言って、また『同和ビジネス』みたいなことして、
利権、金儲けしようとしているんだろう」なんて穿った見方をする、
「人を見たら泥棒と思え」的な人は、日本人にはそんなに多くない。

わざわざ人前に出て、嘘をつくようなことは、普通はしない、とそう思ってる。

嘘というのは、こそこそ隠れて小声で言うもので、声高に言うものではないと思ってる。

教室で嘘を教えるわけがない、と、そう思ってる。

金儲けのためなら平気で嘘もつく、様な人が、そんなにいるわけないと思ってる。

それは、同和もそうだったし、在日の話でもそうだった。

だから、日本人は言われるままに彼らに特権を与え、補償もし、今に至る。



以下、メール転載です。

わたなべ りやうじらうのメイル・マガジン「頂門の一針」 1819号

━━━━━━━━━━━━━━━━
アイヌとの同化・融和・共生の歴史
━━━━━━━━━━━━━━━━


           伊勢 雅臣

■1.「先住民族の権利に関する国際連合宣言」

平成20(2008)年6月6日、衆参両議院において、
「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が全会一致で可決された


それは次のような文章から始まる。

「昨年9月、国連において
「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が我が国も賛成する中で採択された。

これはアイヌ民族の長年の悲願を映したものであり、
同時に、その趣旨を体して具体的な行動をとることが、
国連人権条約監視機関から我が国に求められている。

我が国が近代化する過程において、多数のアイヌの人々が、
法的には等しく国民でありながら差別され、
貧窮を余儀なくされたという歴史事実を、
私たちは厳粛に受け止めなければならない
」。

この「国際連合宣言」では、第28条で、
先住民族が奪われた土地や資源に関して「原状回復」
またはそれに見合った公正な補償を与えることを定めている。

これによれば、アメリカ開拓民に追われたインディアン、
オーストラリア開拓民に虐殺されたアボリジニは、
天文学的な補償を受ける権利を有するわけで、
当然ながら、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどは反対した


我が国の国会決議には、これらの白人開拓民と同様の差別行為や
収奪行為を、日本人がアイヌ人に対してなしたという前提がある


実際に、この決議のあと、旭川アイヌ協議会は
「政府と天皇の謝罪」「土地、資源などを奪ったことへの5兆円賠償」
などを要求する申し入れ書を内閣官房アイヌ政策推進室に提出している


今回は
「多数のアイヌの人々が・・・差別され、貧窮を余儀なくされたという歴史事実」
本当にあったのか、史実を辿ってみたい



■2.「血の繋がったいとこ同士」

かつての人類学では、毛深いなどの身体的特徴から、
アイヌ人を白人種とする説もあったが、
現代では遺伝子分析などの科学的な手法によって、
アイヌ人も沖縄人も和人と同じ起源であることが明らかになっている


それによると、かつて日本列島には古モンゴロイドに属する縄文人が住んでいたが、
アジア大陸内部で寒冷適応した新モンゴロイドが
朝鮮半島や南西諸島を経て日本列島に入り、
縄文人と混血しながら弥生文化を発展させ、和人に小進化した。

一方、日本列島東部に居住していた縄文人は、
新モンゴロイドと混血することなく、
その多くの特徴を残している。

これがアイヌ人である。

言語的にも、かつてはアイヌ語は現代日本語とは
まったく別の言語であるという説が広まっていたが、
コンピュータ解析によって、アイヌ語は日本語に最も近い言語である
という報告がなされている


梅原猛らの研究によっても『古事記』や『日本書紀』『万葉集』などに見られる古い和語に
アイヌ語によって説明解釈できる言葉が多くあることが明らかにされている。

したがって、アイヌ語も日本語も同じく縄文語を起源としつつ、
その後、分化したものと考えられる


すなわち、アイヌ人と和人はもとは同じ縄文人を起源としているが、
その歴史の過程でやや異なる発展をしてきた。

それは「血の繋がったいとこ同士」とでも言うべき関係で、
決してアメリカ開拓民とインディアンのような「赤の他人」の関係ではない。


■3.アイヌ人と和人の混住と経済的結びつき

アイヌ人と和人は、古くから混住し、盛んに交易を行いながら、共生してきた

『宋書』『旧唐書』(倭国日本伝)など中国の5世紀から7世紀の歴史書は、
古くからアイヌ人と和人が混住してきたことを伝えている


『日本書紀』の斉明天皇3(657)年の記載からは、
7世紀中ごろには現在の北海道後志(しりべし、小樽などを含む南西部)に
行政府がおかれ、盛んに交易していたことが窺える


函館市の船霊神社の創立は保延元(1135)年であり、
その他にも7,8百年以上の歴史のある神社が北海道沿岸部には複数ある


仏寺も永享5(1434)年、函館市に隣接する北斗市に
海渡山阿吽(あうん)寺が移入建立されたのが最初である


康正2(1456)年、現在の函館市にあたる場所で、
アイヌの青年が和人の鍛冶屋に短刀を作ってもらったが、
値段や切れ味の問題で言い争いになり、鍛冶屋はアイヌの若者を
刺し殺してしまった


これをきっかけに東部の首領コシャマインを中心にアイヌが団結し、
戦端が開かれた。
これがコシャマインの乱である。

この背景の一つには、和人とアイヌ人が大規模に混住し、
経済的にも密接な繋がりを持っていたということがある


アイヌ青年と和人の鍛冶屋が取引を巡って争いになったということ自体が、
日常的なつながりがあった事を示している。

また当時、和人の方でも複数の勢力に分裂して、交易利権を争っていた

乱の後、松前港の利益は東西2人の大酋長に分配され、
和人側は武田信広を始祖とする蠣崎氏が、分裂していた和人勢力を統一したが、
支配地は3分の1に減ってしまったという



■4.松前藩の経済的支配

アイヌとの交易を一本化した蠣崎氏は、
徳川家康から一万石の大名に格付けされ、
姓を松前に改め、北海道での貿易の独占権を与えられた


1万石といっても、米は取れないので、
家臣には知行地のかわりに、アイヌとの交易地を与えた


松前藩はアイヌを支配したわけではなく、交易を通じて共存していた

アイヌからの毛皮や熊の胆などを、
米、酒、茶、菓子、衣服、日本刀、陶磁器などの
内地商品と交換していた


和人の経済的影響力が強まるなかで、和人と融和し、
その文化を積極的に取り入れ、改革しようとする
沙流川流域(さるがわ、道央南部)の大酋長オニビシと、
これに反対する東方の大酋長カモクタインの部族間抗争が起こった


カモクタインの後継者シャクシャインがオニビシを倒し、
さらに松前藩に弓を引いたのが、
寛文9(1669)年の「シャクシャインの蜂起」である


この戦いにシャクシャイン側が敗れ、松前藩の支配が確立して、
各地に場所請負制が敷かれ松前藩やその家来たちが
商人に請負人として経営を委託した


請負人はアイヌ人に対して過酷な搾取を行ったが、
藩主やその家来は、彼らから多くの借財があって、口を出せなかった



■5.幕府のアイヌ保護政策

江戸幕府は寛政11(1799)年、場所請負人の横暴を断ち、
過酷なアイヌ使役を緩和しようと、アイヌとの直接交易を開始した


さらに文化4(1807)年、蝦夷地全域を直轄地とし、
その後、松前藩への復領、再度の直轄と揺れ動いたが、
アイヌ保護政策は一貫していた


直轄地とした際に、幕府は次のような申渡しを請負人とアイヌ双方に出している

労働政策: 
アイヌへの適正な賃金支払いと過酷な使役禁止のために、役人に監督させた

人口維持政策: 
若い男女に結婚を奨励し、そのために酋長が多くの妾をもつことを制限した
また幼児の保護を行い、医療施設を設置し、種痘を実施した
老幼不具者の困窮を救い、家屋の改善を図って、不衛生な生活を改めさせた

同化政策: 
請負人によって禁じられていた日本語の使用を許可し、
望む者には文字を習わせた

入れ墨や耳輪を禁じ、髭を剃らせ髪を結わせるなどの教導に努めた

特にアイヌ習俗を改めることについては、
古来からの風習を改めるのであるから、にわかに信服するはずもなく
まず衣食住の生活に便利なることを明らかにし
内地から移住した農民共の生活を標準に、追々馴染ませるように仕向け
御趣意柄を会得したアイヌから漸次に改俗させるよう取計らうこと
」とし、
強制しない方針を明らかにしている


■6.一視同仁のアイヌ保護政策

明治になってからも、アイヌ保護政策は新政府に引き継がれた。

明治11(1878)年8月、
北海道のアイヌ部落を訪れたイギリスの女流探検家イザベラ・バードは、
政府のアイヌ行政について、こう記している


開拓使庁が彼らに好意を持っており、
アイヌ人を被征服民族としての圧迫的な束縛から解放し、
さらに彼らを人道的に正当に取り扱っている
ことは、
たとえばアメリカ政府が北米インディアンを取り扱っているよりもはるかにまさる
」。

しかし、貨幣経済や定住生活に慣れないアイヌ人も多く
明治24(1891)年、道庁が農業指導を廃止すると
与えられた耕作地を酒1本と交換して放浪生活に戻る者も現れた


こうしたアイヌの窮状を救う目的で、
明治32(1899)年に制定されたのが「北海道旧土人保護法
である。

アイヌ自身も国会に代表を送って、成立に向けた陳情を行っている

その内容は、農業を志望するアイヌには1戸につき、土地1万5千坪を無償で与え
さらに貧窮者には農具と種子を給付する
集落のある場所には小学校を設置し、貧困者の子弟には授業料を支給する
といった手厚い内容だった


保護法の提案説明には、次のような一節があった。

北海道の旧土人即ちアイヌは、同じく帝国の臣民でありながら、
北海道の開くるに従つて、内地の営業者が北海道の土地に向かつて事業を進むるに従ひ、
旧土人は優勝劣敗の結果段々と圧迫せられて、
・・・同じく帝国臣民たるものが、斯(かく)の如き困難に陥らしむるのは、
即ち一視同仁(JOG注: すべての人を平等に見て仁愛を施すこと)の
聖旨(同:天皇の思召し)に副わない次第と云う所よりして、
此の法律を制定して旧土人アイヌも其(その)所を得る様に致し度(た)いと云うに、
外ならぬことでございます
」。

所を得る」とは、明治元(1868)年に出された「国威宣布ノ宸翰(注:天皇自身が書かれた文書)」にある
天下億兆一人も其所を得ざるときは皆朕が罪なれば
国民の一人でもその所を得ないような事があれば、
それは天皇である私の罪であるから
)という一節に拠っている。

■7.「アイヌ差別」の実態

現代では、この「北海道旧土人保護法」もアイヌ差別だと非難する声がある

そもそも「旧土人」という名称からして差別だという。

しかし明治・大正くらいまで「土人」とは「地元民」というほどの意味で使われていた

そして現地の和人を「土人」と呼び、
それ以前から住んでいた地元民という意味で、「旧土人」と呼んだのである


また>「与えられた土地は悪い土地ばかりだった」という批判もあるが、
多くのアイヌは与えられた土地を和人の入植者に貸して小作料をとっていた

とするなら、和人の小作人の方がさらに差別されていたということになる


また、明治政府はアイヌの子供たちを東京に強制移住させた、と主張する人もいるが、
これは開拓使が見込みのありそうなアイヌの青少年35人を
東京の開拓使仮学校に就学させたことを指している


開拓史の役人が両親を説得し、就学する者には給与まで与えて送り出したもので、
これまでも「強制移住」と呼ぶのは、為にする非難である


明治・大正・昭和を生き抜いたアイヌ女性砂沢クラさんの口述記には、
次のような一文がある。

私は、これまで何度か「アイヌ」と言われていじめられましたが、
いじわるをする人はどういうわけか教育もろくに受けられず、
下働きのような仕事をさせられている人たちばかりでした


・・・学校の先生とか医者など教育を受けた人、もののわかった人は、
私たちアイヌを本当の日本人として尊敬してくれました。

山の中で働いている営林署の人、発電所の人、炭鉱の人も少しも威張らず、
私たちを大事にしてくれました
。>

■8.『同化・融和・共生』の歴史

こうした明治政府の政策や良識ある国民の態度を見ると、
後に朝鮮や台湾で実行された近代化政策と良く似ていることに気づく


それは、すべての国民を平等に愛するという
一視同仁」の精神を新たに日本国民となったアイヌ、朝鮮、台湾の人々にも及ぼそう、
という考え方である


もとより、歴史、文化、言語の違いなどにより、
民衆レベルではさまざまな差別もあったろうが、
「一視同仁」の理想のもとに、それらを克服していこうという意思が、
政府にも良識ある国民にもあった


『古事記』『日本書紀』には、出雲、熊襲(くまそ)、安曇(あずみ)、粛慎(みしはせ)など、
さまざまな部族、民族が大和朝廷に融和・同化していった過程が描かれている


蝦夷(アイヌ)もまたその一つであった

我が国は遠く建国の昔から、『同化・融和・共生』を繰り返しながら
国家を形成し、そして日本民族を形作ってきました
」とは、
北海道比布神社宮司の鎌田告人によるの前書きの一節である。

こうした我が先人たちの理想とそれに向けた努力の足跡を偲んでみるのも、
「建国記念の日」にふさわしいことだろう。


■ Japan On the Globe(635) ■ 国際派日本人養成講座 ■
国柄探訪: アイヌとの同化・融和・共生の歴史
「もののわかった人は、私たちアイヌを
本当の日本人として尊敬してくれました」
■転送歓迎 H22.02.14_38,877 Copies/3,253,051 Views ■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「一視同仁」(すべての人を平等に見て仁愛を施すこと)

「天下億兆一人も其所を得ざるときは皆朕が罪なれば」
(国民の一人でもその所を得ないような事があれば、それは天皇である私の罪であるから)

こういう天皇の伝統は、今上陛下にも確実に受け継がれていると思う。

天皇とは、古来より、その本質は国民のために「祈る」、祭司王のことで、
今では、GHQの陰謀により、天皇陛下の祭事儀式について教えないから、
戦後の国民はほとんど理解していないし、
悪意あるマスコミの変更によって、報道さえもされないけれど、

天皇陛下の第一義の仕事と言うのは、この祭事(儀式)を行うことである、と。

「私」のために祈るのではなく、国民全体、そして、世界全体の「公」のために祈る。

それも年に一回とか二回とかじゃなくて、

だから、天皇陛下はローマ法王に近いといわれる。

天皇というのは、権力の象徴ではなくて、権威の象徴であった。


小林よしのりさんの「天皇論」という本があるけれど、

ここで、天皇は大和の国を「うしはく(領はく)」のではなくて「しらす(知らす)」
と言うのだと知った。

「うしはく」とは「うし(主)」が「はく(履く)」というような意味。

地上の神が「うしはく」ことはあっても、天皇が「うしはく」ことはなく、
天皇は広く「しらしめる」のであると、記紀でも使い分けられている。

記紀には天皇が「うしはく」という言葉は使われず、
天皇が「しらす」「しらしめる」「しろしめす」という言葉だけが使われている。

「うしはく」というのは「私的に所有、直接的に実行支配する」ということ、
つまり「ある場所を具体的に領有すること」であって、
その場所にあるものすべて、人ももちろん私的に所有するのであって、
その場合の「人」の概念は「奴隷」と同じことになる。

世界の多くの「王」はこういう形式で私的に国を統治した。

ルイ14世の「朕は国家なり」というの、知っているでしょ。

王と国は同一、国は王のもの、と、そういうこと。

日本の天皇だったら絶対に言わない言葉。

だから、そういう国では、民と国王の間に対立関係が生まれ、
やがては市民革命や暴動が起こって、王は民によって殺される、
という歴史が繰り返された。

翻って、天皇が「しらしめる」というのは民が知るということ。

実際的に天皇が国を統治するのとは、ちょっと違う。

つまり、日本は明治になっても、
民主主義的な選挙で選ばれた議員による議会で決まったことについて
意見を言ったり、覆したりする権限や権力は、天皇になかった。

例外的にそれが天皇に求められたのが、あの終戦を決めた御前会議。

ポツダム宣言を受諾する、しない。

会議では結局、決められなかった。
仕方がないから、天皇のご意見を伺おう、そういうことになって
まさに例外的に、天皇陛下の発言を求めた。

その求めに応じて昭和天皇が「終戦にしよう、私はどうなってもいいけど、
これ以上、民が死んでいくのは耐えられない、」とそういうことで、終戦が決まった。

「もっとはやく天皇が決心していれば」、とか言うのは
まさに「阿呆丸出し」の発言である。

恥じ入っていただきたい。


だから、歴史的にも、世界の国々に見られるような、
国民と王(天皇)の間の対立関係は無かった日本。

なぜなら、日本の民は知っていたから、
天皇には祭司王としての「権威」はあっても
「権力」があるわけじゃなく、天皇は民のために神に祈りを捧げる存在だと。

もちろん、歴代の天皇の中には、そうじゃない天皇もいた。

でも、まぁ、基本的には天皇というのは、そういうものだと言うわけだ~。


有り難いことです。 ほんとにね。






"日本の歴史とアイヌの歴史" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント